GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島 vol.6 八丈島歴史民俗資料館と周辺探索

Category: 八丈島・東京   Tags: ---

八丈島編続きです


DSC09655_convert_20140403062455.jpg


なんとなく八丈歴史民族資料館(有料、いくらだったか忘れた)へ行ってみた
予想はしていたが例のごとく戦跡の情報は皆無だった(怪しい本棚はあったが・・・)
・・・というか戦時中の情報はすっぽり抜けてしまっている感じだ
ちょっとぐらい何らかの情報があってもいいと思うが・・・?


DSC09702_convert_20140403062940.jpg


中は学校のようなつくりの木造建築
ここは元々は東京都八丈支庁庁舎だった(現在は護身山付近に移転)


DSC09656_convert_20140403062829.jpg


中に入ると海亀がお出迎え


DSC09668_convert_20140403063244.jpg


DSC09669_convert_20140403063428.jpg


縄文時代には既に人が住んでいたようだ・・・ってこんな船で渡るってすごいな!


DSC09674_convert_20140405075646.jpg


八丈島の昔の民家の風景


DSC09676_convert_20140405063501.jpg


消火器完備


DSC09685_convert_20140405074848.jpg




外に出てみた
たぶんここが庁舎の時は入り口だったんだと思う
八丈支庁時代の看板も残っていた


DSC09686_convert_20140405074922.jpg


戦時中は特設警備第五大隊の第三中隊が駐屯していたと『八丈島の戦史』という本に書かれている
ついでに言うと本部は「中之郷村役場」(たぶん現八丈町役場 中之郷出張所?)
第一中隊は中之郷「福田ガーデン」(現ガーデン荘?代表者が福田さん)
第二中隊は三根「かぬこう」(神湊港?)
と配備されたそうだ
ちなみに今回中之郷には行っていないので現地の確認はしていない
あくまで推測です


DSC09684_convert_20140405074723.jpg


どうやら入り口に産後が埋め込まれているらしい


DSC09687_convert_20140405075318.jpg


・・・・・・よくわからん(´・ω・`)


DSC09688_convert_20140405075439.jpg


再び中へ戻る
宇喜多秀家の肖像画が展示してあった
八丈島に流された流人第1号のお方だ
流刑についての資料が数多く展示されていた


DSC09690_convert_20140405075803.jpg


機織り機が置いてあった


DSC09691_convert_20140405075934.jpg


八丈島の名産でもある絹織物「黄八丈」
八丈島の名前の由来となったといわれている


DSC09692_convert_20140405080029.jpg


八丈島では黄八丈の織物の体験も出来るらしい
場所は・・・八丈島のどこかw


DSC09703_convert_20140405080445.jpg


外へ出ると謎のコンクリート建屋があった


DSC09710_convert_20140405080641.jpg


高倉もあった


DSC09705_convert_20140405080713.jpg


説明版


DSC09708_convert_20140405080809.jpg


そして何故か廃船が・・・


DSC09709_convert_20140405081212.jpg


何故か錨も・・・?


DSC09707_convert_20140405081939.jpg


昭和4年の昭和天皇の行幸啓を記念して立てられた行幸記念碑が建てられていた
更に昭和天皇・皇后両陛下は、昭和57年に再び八丈島を行幸啓されている


DSC09711_convert_20140405081335.jpg


駐車場横には庁舎時代の門柱が残っていた


DSC09716_convert_20140405082331.jpg


やはり想像はしていたが戦争関連の情報は無かったのは残念だ
実際に戦場とはならなかったからだろうか?
史実は史実として公開すべきだと思うが・・・?
こんなに穴だらけなのに・・・ってまあいいか(´・ω・`)
歴史民族資料館を出て周辺を探索してみる
民族資料館を少し西へ行くと・・・


DSC09566_convert_20140405082439.jpg


完全に壕口が塞がれていた
まあ大通りだしね・・・
中からは水の流れる音が聞こえる


DSC09567_convert_20140405082546.jpg


おそらく米軍が八重根から上陸した時の為に造られた陣地だろうと思われる


そして向かいの山を見てみる


DSC09765_convert_20140405093224.jpg


資料館西の交差点から下っていく道を行くと・・・


DSC09764_convert_20140405093432.jpg


また塞がれた壕口を発見した


DSC09766_convert_20140405093313.jpg


隙間からカメラで何とか撮影してみると・・・


DSC09769_convert_20140405093519.jpg


なんか坑道が下へ向かってる?
神止山を思い起こす造りだ
ロープらしきモノも・・・?



DSC09568_convert_20140405082710.jpg


更に交差点付近を探索してみると・・・


DSC09569_convert_20140405082800.jpg


でかい開口部がヾ(*´∀`*)ノ!!


DSC09570_convert_20140405082847.jpg


重機関銃用だろうか?
手の届く高さだったんで登ろうと思い岩盤に手を掛けるとちょっとした衝撃でボロボロ岩が崩れる
かなり崩落が進んでいる場所のようだ
登る場所を間違えると大怪我必死!!
それほどの高さでない場所だがかなり苦労して登ってみると内部は崩落していた
だが下へ降りるように見えた造りだったように見えるため更に坑道は続いていたと思う


DSC09571_convert_20140405083053.jpg


外に戻りなんとなく上を見上げてみると・・・


DSC09572_convert_20140405083901.jpg


似たような開口部が・・・!!
だがさすがに登れそうに無いや(;´Д`)



DSC09575_convert_20140405084104.jpg


山の上から入れそうな場所が無いかと思い
山の反対側から登ってみる


DSC09581_convert_20140405085427.jpg


穴は見つけることが出来なかったが変わりに銃眼?らしきものが・・・


DSC09582_convert_20140405085529.jpg


近づいてみる


DSC09586_convert_20140405092638.jpg


下は断崖絶壁
観測用だろうか?

この後少しだけ探索したが下に降りる穴は見つからなかった
まあ、あまりしっかり調べたわけじゃないんでもしかしたら何かあるかも?



DSC09592_convert_20140405092849.jpg


今度は民族資料館横の馬路へ行ってみる


DSC09596_convert_20140405092946.jpg


資料館裏にはまたしても謎の建造物!!

そして歩いて程なくすると・・・?






DSC09599_convert_20140405093104.jpg



壕口発見(*´ω`*)!!
早速潜入!!




ということで内部は次回~♪


スポンサーサイト

Comments

 
どうもこんにちは、「廃墟を旅する」というサイトをやってるものです

自分も八丈島に行って地下壕探索しましたが、その時には発見できなかった壕がたくさんあることを知りました(´・ω・`)

また八丈に行ったときに確かめてみたいと考えています
Re: タイトルなし 
コメントありがとうございます。

ホントこの島はすごいですね。
地下壕の造りとその数から本気で米軍との戦闘を考えていたのがうかがい知れます。
おそらくですが部隊が配備された所には何らかの地下壕が造られたような気がしますね。

ただこの島は危険なところが多いので探索の際はお互い気をつけましょう!
参考になります 
「でかい開口部」辺りの位置関係をもう少しお願いします!
来月再訪予定なので、捜索したいです、秘匿すべき所なら自分のブログに管理者のみ閲覧で教えて頂けませんか?
勝手なお願いで申し訳ない、勝手ついでに貴ブログを関連記事として紹介させて貰いました
Re: 参考になります 
歴史民俗資料館の西側にある塞がれた壕口のそばに信号機のある交差点があると思います。
そこの向かい(資料館側から見て)に原っぱがあって、そこの山肌は断崖絶壁になっていますが、信号機そばの山肌を見れば見つかると思います。
ほとんど道路沿いの位置にあったと思います。

ただ崩れやすくなっているので木を利用して、なるべく岩に体重を掛けない様に登ったほうがいいと思います。

それでは八丈島探索お気をつけて!!
分かりました 
今後も参考にさせて頂きます!
また何かあったら、よろしいお願いします

プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。