GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島 vol.1 回天格納壕 底土基地二号壕 編

Category: 八丈島・東京   Tags: ---

前回の記事に書いた通り八丈島です
八丈島といえば・・・歴史的に有名なのは流刑地ですかね?
東京から約290km離れたこの島は実に約1900人が流されている
そのせいかこの島は本土とは違った独自の文化を育んでいる

だが今回の目的はそれではない
今回の目的は八丈島の戦跡だ

八丈島について簡単に説明しておきたいと思うがその前に・・・
硫黄島を知っているでしょうか?
「硫黄島への手紙」というハリウッド映画にもなっているから今は有名かな?
自分は見てないのでどこまで説明されているか分からないが
日本はこの地が陥落すること=本土の壊滅を意味している
先ずはそこまでの経緯を少し・・・

色々と端折るがミッドウェー海戦での敗戦後
南太平洋の制空権の確保のためガダルカナル島に飛行場を新設するも米軍に奪われ
ガダルカナル島奪回のために派兵するも見通しの甘さから失敗(駐屯する米軍は約2000人と見積もり派兵した人員900人に対し実際は約10000人、最終的には30000人の派遣に至るも失敗)
1943年(昭和18年)2月に日本軍はガダルカナル島から撤退する(ケ号作戦)
これにより日本軍は南太平洋の覇権を失った

そして米軍はマリアナ諸島(サイパン、テニアン、グアム等)攻略に乗り出す
1943年9月に大本営はサイパンを中核拠点とする絶対国防圏としていた
その理由は日本との距離と爆撃機の航続距離である
東京からサイパンまでの距離は2400km、往復4800km
そして日本本土の爆撃を行なったB29の最大航続距離は約9000km(爆弾7250kg搭載時では6600km)

サイパンの陥落は日本本土の攻撃を理論上可能とする

マリアナ諸島を巡るマリアナ沖海戦では日本海軍機動部隊は壊滅的被害を受けマリアナ諸島から撤退する(1944年6月)
サイパンに残された守備隊40000人は玉砕の道しか残されておらず40000人の日本陸軍はほぼ全滅した(1944年7月)
  
翌月にはグアム島も陥落し
これにより日本本土は直接爆撃の脅威にさらされることとなった
ついでに言えば同年10月のレイテ沖海戦にて日本海軍連合艦隊は壊滅した

次に米軍は硫黄島の攻略を目指す

簡単に理由を書くと

爆撃機の緊急不時着場の確保
護衛戦闘機の基地の確保
日本軍攻撃基地の撃滅
硫黄島の通信システムの破壊
爆撃機の硫黄島迂回のための航法上のロスの解消

といったところか


マリアナ諸島を制圧した連合軍は日本本土の直接爆撃を可能とした訳だが
本土爆撃に向かったB29は主に硫黄島からの通信により戦闘機が迎撃に向かう
そのためB29は日本本土上空で損傷、故障、燃料不足によりマリアナまで帰還できなずに海上に墜落、不時着することも多かった
爆撃機は動きは鈍重で空の上ではほぼ無防備のため単独で行動することは無く
基本的には護衛戦闘機が爆撃機を守備する
そして護衛戦闘機の中で長い航続距離を持ったのがP51ムスタング
その航続距離は3700km(増槽使用時)にもなる
東京とサイパンの往復距離は4800km
ようするにP51はサイパンからは出撃することは出来ず中継地点を必要とする
そして連合軍は東京から約1200kmに位置するほんとに小さい硫黄島の攻略を目指した


日本軍もそれは理解していたため硫黄島の要塞化を図る
そして1945年2月に硫黄島での戦闘が開始する
当初米軍は5日で制圧できると踏んでいたが実際は東西8km、南北4kmの小さな島に一ヶ月以上もの時間を要した
それは島内に約28kmにも及ぶ地下陣地の構築によるものだった
地上に施設は造らず全て地下化した
そのため米軍の上陸前に行なわれた艦砲射撃を無効化した
そして米軍上陸後、激しい銃弾に米軍はさらされる事となった
日本の戦死者20129名に対し、アメリカ軍は戦死6812名、戦傷21865名、計28686名
と、日本軍よりも米軍の被害が大きかった唯一の戦いとなった


日本軍は善戦するも米軍の圧倒的な戦力の前に硫黄島は陥落する

そして米軍による日本本土の戦略爆撃を可能としてしまった


そして八丈島だが・・・

硫黄島が陥落した後、陸軍は米軍が八丈島へ向かうと考え、
駐屯していた独立混成第67旅団は地下陣地の構築を進めていた

米軍上陸地として想定していた第一上陸地点は「八重根」方面側
これに備えて鴨川山(軍命名・鉄壁山)に司令部と主要火器が配置された
第二上陸地点として想定されたのは「垂土」方面側
こちらには神止山に司令部と主要火器が配置された

そして八丈島に造られた坑道は総距離60km以上にも及ぶという

白方参謀(浦兵団参謀)は戦後の回想で「八丈島に於ける陣地要所の構築は極めて良好で、硫黄島のそれを上回るものであった」と語っている
一説によれば八丈島要塞を、硫黄島要塞、由良要塞と並べて日本の三大要塞というとか・・・?
実際に上陸して戦闘が行なわれていたら硫黄島を超える戦闘が行なわれていたかもしれない

だが現実には米軍の八丈島上陸はなかった
というのも先ほど護衛戦闘機の簡単な説明をしたが
P51の航続距離が3700kmにも及ぶことからあえてこの島を占領する必要はなかっただろう
そして米軍はフィリピン、沖縄へと向かった


ちょっと長くなったけど一応時代背景の説明はここまで



ということで・・・



DSC08584_convert_20140120231906.jpg


八丈島~(*´∀`*)♪


DSC08605_convert_20140121223657.jpg


空が青い!!
最高!!

とりあえずホテルに行き荷物を預け
レンタル屋へ行き
レンタルサイクルでマウンテンバイクを借りたのだが・・・


DSC08586_convert_20140121210450.jpg


俺「マウンテンバイクで予約したんですけど?」
レンタル屋のおじさん「ん~・・・これしかないけど?」
俺「それでいいです」

そしてお金を払った時に言われた・・・


DSC08613_convert_20140121210618.jpg


レンタル屋のおじさん「・・・これ、俺のなんだよね・・・」


DSC08619_convert_20140121215847.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC08621_convert_20140121224419.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC08585_convert_20140121231019.jpg


・・・・・・・・・私物かよ(´・ω・`)



DSC08606_convert_20140121230737.jpg


そして一応ギアチェンジがついていたのだが・・・

レンタル屋のおじさん「これ7にしたらダメだからね」


DSC08630_convert_20140121224711.jpg


ということで7にしてみた(´・ω・`)


DSC08633_convert_20140121225105.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC08634_convert_20140121224808.jpg


チェーン外れた~(;´Д`)


DSC08595_convert_20140120232947.jpg


そんなことしてたらなんか怪しい場所が・・・


DSC08600_convert_20140120234522.jpg


謎のコンクリート建屋
遺構か?


DSC08597_convert_20140119232103.jpg


コンクリートが薄いな・・・違うか?


DSC08598_convert_20140120233046.jpg


よくわからん


DSC08626_convert_20140121224208.jpg


三根地区の神湊漁港に来た
現在は整備されてしまったが
ここは戦後建造中だった駆逐艦「矢竹」を沈めて岸壁にした場所だ
「軍艦」とも呼ばれている



DSC08628_convert_20140121224530.jpg


そして戦後、武装解除された弾薬類はここで海中投棄された
そのとき詳細は不明だが、一説では米兵が吸ったタバコが引火して大爆発を起こし
日本軍人10数名と米兵2名と付近住民(幼児)に死者が出た場所でもある

後に漁港拡張工事の際にも弾薬の爆発で死亡事故が起きている



というか全景撮ってなかった・・・(´・ω・`)

そしてここから底土港へ向かう


DSC08640_convert_20140120235258.jpg


ということで最初の穴にやって来た
川を挟んだ対岸にそれはある


DSC08641_convert_20140121222101.jpg


回天格納壕 底土基地二号壕ヾ(*´∀`*)ノ!!
説明は書いてあるんで省略

ちなみに配備されたのは第四特攻戦隊第二回天隊で
八丈島に配備された回天八基の内、四基がここ底土基地に配備されている
(後の四基は末吉地区石積)

DSC08648_convert_20140121222350.jpg


橋を渡り川沿いに行けばすぐにある
ということで早速突入~


DSC08651_convert_20140121222505.jpg


回天については以前、大津島に行った時に書いているんでそちらを参照して下さい
ちなみに長さ37mのここには二機並んで配備されていたようです



DSC08653_convert_20140121222604.jpg


そして戦後、米軍によって配備されていた回天はこの格納壕の中で爆破されている
左右の岩盤に付いた跡はおそらくクレーンのレール跡だろう


DSC08655_convert_20140121222652.jpg


そして内部の金属が岩盤に突き刺さっている
回天を爆破した時に突き刺さったものらしい


DSC08656_convert_20140121223031.jpg


長さ37mなんですぐに行き止まり
まあ、格納壕だしね


DSC08659_convert_20140121223355.jpg


ということでここは以上
一号壕があったみたいだが・・・場所は不明
崩落したみたいだが・・・?
というか探しもしてなかった・・・あと発射路も・・・
コンクリートが残ってるらしいが・・・?


とまあ、かなり不十分な八丈島探索はこの後も不十分な感じで進んでいきます~




つづくヾ(*´∀`*)ノ




おまけの動画
回天格納壕 底土基地二号壕
[広告] VPS


スポンサーサイト

Comments

八丈島~! 
おー、八丈島行ったんですね!
自分も、いつもの探索メンバーと、2月に八丈島の探索に行く予定です。
鉄壁山とか、神止山とか潜る予定ですんで、いろいろ楽しみです!

お互い、探索気をつけてやっていきましょう!
半田の更新も楽しみにしてます!!
Re: 八丈島~! 
八丈島いいですよ~
島内まさしく穴だらけですw
自分もまた再訪したいです
あと直射砲台壕は要注意です!!

ブログ見ましたが半田来られてたんですね
フットワーク軽いですねぇ
あ!あと自分のUPした米軍の作成した住友プロペラの半田工場の地図が示すのは半田のとある一帯だと思いますよ~
津市在住の方に教えていただきました

それでは八丈島お気をつけて~
 
直射砲台壕も行きましたか!!
もちろん無理はしないつもりですが、人捨て穴まで抜けてみたいです。
谷(というか、沢?)に落ちても、まあ、死ぬ事は無いかなと・・・!?
他の壕も、探索者の死亡事故も起きているようなので、気を付けなくちゃですな。

半田は以前は毎月通っていたのですが、最近サボり気味でホント久しぶりに行きました(^^;
Re: タイトルなし 
谷の部分は越えたのですがその先に段になった部分で挫折しましたw
まあ3mはない高さだったと思いますが・・・?
戻ってからとなりに垂直のトンネルがあったことに某同人誌見て気付きました・・・orz
こんな感じで神止山にしろ鉄壁山にしろ不十分な結果にw

自分も最近、半田はほとんど行って無かったです
12月に津市在住の方をご案内したぐらいで・・・
またポチポチ行きたいと思います

プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。