GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津市地下軍需工場跡 vol.7 情報まとめ

Category: 津市地下軍需工場跡・三重   Tags: ---




そろそろ津市の地下軍需工場の続きをいきます


過去のレポはカテゴリーの津市地下軍需工場と美女の里を参照して下さい


では早速・・・
・・・の前に情報のまとめということで




まずここ三重県津市は磨き砂の産地でその坑道を利用して地下工場が造られた

  津海軍工廠疎開地下工場
  三菱第三発動機久居地下軍需工場
  愛知航空機津地下軍需工場
  住友プロペラ半田地下軍需工場

以上の四つの地下軍需工場が造られた
坑道の工事を請け負ったのは佐藤工業
ちなみに浅川の地下壕あたりの工事も佐藤工業が請け負っている


EPSON002_convert_20130304010608.jpg


この見取り図は以前にも載せたがこの久居の工場の見取り図の方にはhigher floorと書かれている
地下一階部分と地下二階部分が同時に載っているので少し分かりづらい

それで色がつけられている部分があるがその内容が右下に四つ記されている

内容は上から

工作機械
発電設備
通路or水路
上の階(ここは地すべりを起こしていて非常に危険)

となっている(英語を和訳しただけなので間違っている可能性あり)


続いて地下壕の特徴を・・・


まず久居の方は
レールとケーブルカーが設けられていたとのこと


で、これが当時の写真
EPSON0043_convert_20130804224743.jpg

EPSON0053_convert_20130804224924.jpg

EPSON0072_convert_20130804225010.jpg


一枚目と二枚目を見ると地上に軌道が敷かれていてそらはそのまま壕口の中へ向かっているように見える
自分は一枚目の写真と地形に合うような場所を探したがそれらしい場所は見つからなかった
ここかもと思ったところは検討違いだったかもしれない

で、二枚目の写真だがこれを見ると壕口は山肌ではなく盛り土をしたところに造られたように見える

三枚目はちょっと分からない
付近にこんな場所あったかな?


米軍の調査によればここは出入り口から約12mの深さの作業場に降りられるようになっていたとのこと
機械の台座にコンクリートが打たれていたが他には舗装はしていなかったとのこと


他の情報は以前の記事を参照ということで

あとは内部の写真を


EPSON0041_convert_20130804224346.jpg

EPSON0042_convert_20130804224614.jpg

EPSON0044_convert_20130804224812.jpg

EPSON0071_convert_20130804224948.jpg



う~ん・・・見づらいw
だが久居の見取り図にはpassageとあるがこれは通路と取るよりも三枚目の水路と見るべきか?
写真を見る限りではかなり狭い場所で作業を行なっていたように思える




続いて半田工場の方です



この工場は久居の工場と隣接していたとある
これはどういう意味だろうか?
同じ山の中に造られたのかそれとも山が隣り合っていたのか?

EPSON0052_convert_20130804224901.jpg


それでここが半田壕口
普通の壕口と違って四角い穴がぽっかりと開いているように見える
そして建物に囲まれている?


EPSON0051_convert_20130804224839.jpg

EPSON0081_convert_20130804225027.jpg

EPSON0082_convert_20130804225047.jpg


で半田内部だが・・・こちらも写真が分かりづらいw
だが一枚目の写真に載っているように支柱が多数施されていたようだ

こちらは軌道は造られておらず機械は人力で搬入したとある
おそらくコロとか使って搬入したのだろう


あとついでに
ここ半田は湿地帯が広がっていたため農業に向いていなかった
そこで昭和51年~54年にかけて農地改革として道路整備、用排水路の整備、橋の建設等を行なったみたいです
その碑文が現地に建てられていた

DSC06726_convert_20130805010613.jpg


一番最初に入った坑道だがB2部分で壁を見ると水の跡がついていたが
農地改革した以前の水位だったのだろうか?
これによってここら一帯の水位が下がって安定したのだろうか?




ということで情報は以上ってことで・・・


まず以前コメントで旧磨洞温泉(現磨洞温泉は当時の別館)がその可能性が高いという情報をもらったので旧磨洞温泉壕を探すことにしたのだった





旧磨洞温泉壕探しへつづく


スポンサーサイト

Comments


Trackbacks

三重県津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。