GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屯鶴峯地下壕 vol.1 探索編

Category: 屯鶴峯地下壕・奈良   Tags: ---


ここ奈良県香芝市には屯鶴峯という奇岩群・奇勝がある
まあちょっとした観光地です

だがここには戦時中、本土決戦に向けて陸軍の航空部隊の戦闘司令所を東京からここへ移そうとしてつくられた地下壕があるのだ


DSC06382_convert_20130325212549.jpg


まず二上山駅に到着!
ここから徒歩で25分程度・・・だったっけ?


DSC06387_convert_20130325213142.jpg


あーいい天気だぁ(´・ω・`)


DSC06388_convert_20130325213415.jpg


そこのミニストップを右に行くと屯鶴峯の北側の登山口に出ます
他ブログでアクセスを確認するとそこの採石場から入るみたいです


DSC06389_convert_20130325213518.jpg


カマドウマのことですね
わかります(´・ω・`)


DSC06391_convert_20130328062831.jpg


そしてミニストップの左側へ行きます
逆もまた真なりw


DSC06397_convert_20130325213835.jpg


そうこうしている内に看板発見!!


DSC06398_convert_20130325214333.jpg


階段を登っていくと・・・


DSC06401_convert_20130325214703.jpg


おお!!
真っ白な岩が!!(`・ω・´)


DSC06402_convert_20130325214819.jpg


屯鶴峯到着!!(*´ω`*)

なんか家族連れがチラホラ・・・


DSC06403_convert_20130325215004.jpg


屯鶴峯とは・・・

二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった標高約150mの岩山。サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が産出する。県天然記念物であり、金剛生駒紀泉国定公園の見所の一つである
~Wikipedia抜粋~


DSC06404_convert_20130325215114.jpg


ちなみに屯鶴峯という名前
白灰色の鶴が屯(たむろ)しているように見えることから「屯鶴峯」(どんづるぼう)と名付けられたみたいです


DSC06405_convert_20130325215311.jpg


なにげに崖だらけなので躓いて滑落したら死にそう


DSC06407_convert_20130325215605.jpg


屯鶴峯をそこそこに地下壕探索へと向かう


DSC06414_convert_20130326020110.jpg


斜面を降りていく
すると・・・


DSC06415_convert_20130326020251.jpg


面倒な道に出ます(´・ω・`)


DSC06417_convert_20130326020505.jpg


ちょこちょこ茨の攻撃があります


DSC06419_convert_20130326020729.jpg


しばらくするとちょっとした湿地帯へ


DSC06420_convert_20130326021203.jpg


そして道に迷いますwww
気がつけば・・・



DSC06421_convert_20130326021303.jpg


屯鶴峯再びw

ちなみに屯鶴峯地下壕は東壕と西壕と分かれています
最初探したのは間の谷間です

これといった目印がなくよくわからないので
今度は西壕の西側を探索
大体の地下壕の場所はビニールハウスの奥の方(南側から見て)の位置の山肌なのでそこまで向かってみる


DSC06422_convert_20130326021400.jpg


再び山の中へ


DSC06424_convert_20130326021551.jpg


しんどくなってきた・・・
やっぱ北から行けばよかった・・・と思っていると・・・


DSC06425_convert_20130326021655.jpg


地下壕発見!!(*´∀`*)

なにげに1時間半程彷徨ってたwww

結論から言えば地下壕へ行きたい人は
北から向かったほうがいいですw


ということでいざ屯鶴峯地下壕の内部へ・・・




つづく



スポンサーサイト

Comments


プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。