GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島再訪 vol.6 真っ赤な壕を見ただろうか

Category: 八丈島・東京   Tags: ---



せっかくの連休だったが今回自分は左手首が痛いためグダグダしてました・・・
しかも皮膚炎まで起こして散々な今日この頃!
なにこれ?酷いわー・・・もう呪われてるんじゃないかってぐらい!
思い当たる節は無いのになー・・・


・・・まあ愚痴は置いといて八丈島レポ続きいきます!!

八丈島には鉄壁山に旅団司令部壕、神止山に聯隊司令部壕が造られたのは既出であるが、
どうやらもう一つ聯隊司令部が造られたようだ


DSC091431_convert_20150502235759.jpg


『八丈島の戦史』の付図上の赤い丸のところ
八丈島第三の司令部だろうか!?


DSC09740_convert_20150427230838.jpg


といっても残念ながら最終日、最後に回ったため途中でタイムアップとなってしまったため
かなり不十分な探索となってしまった・・・orz
もっと早く行っとけばよかった!!
あー失敗した・・・

ちなみにここの細かい場所は伏せさせて貰います<(_ _)>

ということで早速突入する


DSC09742_convert_20150427231135.jpg


侵入してみたものの・・・スコリア丘を掘ったのか!?
落ちているズリを持ってみると・・・軽い!軽石みたい!
それだけに地盤が脆い・・・触ったらボロボロ崩れてくる・・・
地震が来たらここアウトなんじゃ?


DSC09786_convert_20150501092150.jpg


入ってすぐに左に分岐があったので行ってみると・・・?


DSC09744_convert_20150427231909.jpg


いきなり落とし穴ですか?Σ(゚д゚lll)
落ちたくないので戻る
戻って先へ進むが・・・


DSC09746_convert_20150429032135.jpg


なにこれ?
ズリ出ししてない・・・と言うよりも放置?
いや、元からこんな掘り方なのか?


DSC09749_convert_20150429032331.jpg


身をかがめて進むが・・・とにかく歩きづらい
それに天井を擦るたびにパラパラとスコリアが落ちてくる・・・こわい:(;゙゚'ω゚'):
それにしても八丈島の地下壕ってほんと個性があるなぁ


DSC09751_convert_20150429032931.jpg


しばらく進むと少し天井が高くなる
なんとか難所を抜けたようだ


DSC09753_convert_20150429033337.jpg


難所を過ぎたといっても歩きづらいのは変わりない
というか画像じゃ分かりづらいがこの壕は自分の中では赤いイメージが強く残っているが・・・
・・・照れてる?


DSC09755_convert_20150429033927.jpg


道中なんか少し広い部屋があった
棲息部か?こんなところに?


DSC09757_convert_20150429040342.jpg


更に進んでいくと・・・


DSC09759_convert_20150501082016.jpg


掘削面が陸軍っぽく四角くなってくる
ここらへんだけズリ出しされていて非常に歩きやすい!!
難所の先にこんな安らげる場所があるなんて・・・
これが巷で言う“ツンデレ”ってヤツですか?(←絶対違う)

ここで二手に分岐となるので行き止まりっぽい方へ行ってみる


DSC09763_convert_20150501084004.jpg


やっぱり行き止まりだった
だが幾つか四角い部屋が掘削されていた
また棲息部だろうか?・・・さっきのよりは全然ましだけど


DSC09767_convert_20150501084420.jpg


ということで逆へ行ってみる


DSC09769_convert_20150501084833.jpg


段々狭くなってくる坑道


DSC09771_convert_20150501085134.jpg


行き止まりになっていた・・・ここまでかな?
ということで侵入口へ戻ろう
いや、ここらへん空気が何処からか流れてくるから抜け穴があったのかもしれない
見逃したのかな?
最初に書いたがここは今探索の最後の最後に来てしまったためあまり時間が無いのだ・・・無念!
それにもう一個行かなくてはならない箇所がある
そこへ向かうため出口へ戻ろう


DSC09777_convert_20150501090100.jpg


またここを戻るのか・・・


DSC09781_convert_20150501091652.jpg


なんとか壕口に到着!!
外に出て次に向かおう!!


DSC09862_convert_20150501094522.jpg


もう一つの壕口にやって来た
先ほどの壕とは少し離れた所にある


DSC09866_convert_20150501095227.jpg


壕口はいきなり斜坑となっていて二手に分かれている
向かって左側はかなり狭く急な斜坑
しかもスコリアの斜坑であるため登れる補償なし・・・なんでちと危険かと思って回避・・・
一体内部はどうなっていたんだろう?


DSC09868_convert_20150501104506.jpg


ということで右側へ行ってみる


DSC09872_convert_20150501105903.jpg


斜坑を降りると


DSC09875_convert_20150502225942.jpg


少し行くと二手に分かれていた
とりあえず左手に行ってみると・・・


DSC09874_convert_20150502225439.jpg


閉塞していた
なんで右へ行ってみる


DSC09906_convert_20150502235134.jpg


朽ちたドラム缶が落ちてる


DSC09902_convert_20150502234911.jpg


あー閉塞してるかーと思ったら僅かに隙間が!!
そしてそこを乗り越えると・・・


DSC09899_convert_20150502234440.jpg


小さめの貯水槽・・・そして!!


DSC09890_convert_20150502233246.jpg


(゚д゚)!!!!!!!!!!


DSC09893_convert_20150502233421.jpg


かなりしっかりしたコンクリート室!!
マジですか?こんなのが人知れず残ってるなんて!!


DSC09877_convert_20150502230151.jpg


とりあえず外へ出てみる
開口部はかなり大きいく、コンクリートは黄色くペイントされている
このコンクリートの構造は・・・


DSC09881_convert_20150502230713.jpg


中に戻って周囲を見渡すと左右の上部に穴が空いていた
煙を逃がすための煙道だろうか?
ということは山砲とかの砲室かな?


DSC09882_convert_20150502231303.jpg


いつの物かわからんモノが落ちている


DSC09884_convert_20150502231855.jpg


コンクリートの水槽っぽいが埋まっていた


DSC09885_convert_20150502232108.jpg


こっちは埋まっていない


DSC09888_convert_20150502233017.jpg


戦後のゴミ?も放置されている


DSC09879_convert_20150502230439.jpg


もう一回外に出てみるが、かなり立派な開口部だ



DSC09894_convert_20150502233829.jpg


また中に戻ってふらついていると・・・


DSC09897_convert_20150502234126.jpg


天井は低いが広い部屋があった
砲員の棲息部だろうか?

ということでここでホントにタイムアップ!
八丈島の探索を切り上げた

・・・といっても時系列無視で紹介してるから八丈島レポは続くけどね


DSC09912_convert_20150502235536.jpg


それにしてもここらは探したら他にもありそうな気がする
司令部自体にはたどり着けてないしね
それにしても深すぎるよっ!八丈島!!
ついでに言っておくと新ネタはもうないw


ということで八丈島レポはまだまだつづく・・・





おまけ動画1
[広告] VPS










おまけ動画2
[広告] VPS














スポンサーサイト

Comments

 
yuukiさん!アドバイス有り難う御座います。今は体力向上と旧陸軍、海軍の遺構の分かる資料があると探検しやすいのがわかりました!夏休暇は行けそうな穴があれば行って見ようかと思います。(今現在ブログ拝見させていただいております)戦中の資料等一切持ってないので、yuukiさんのブログ頼りで行けそうな所を行ってみようと思います!
すごいですね 
まさに足で探すって感じですね、あの大雑把な付図で本当に見つけるとは、大したものです、自分には出来ないでしょう(自転車乗れないので・・・)
前回で終わりにしようかと思ってけど、また行きたくなってきましたよ!

シナンジュスタイン様 
そうですね、資料等があれば探しやすいと思いますよ。
まあ、砲台跡とかはWEB上に大抵は載ってると思います。
穴系に行ってみたいんだったら一般公開されている所がいいかもしれないですねー。
長野の松代大本営とか、宇都宮の大谷資料館とかは一般公開されてますよ。
参考までにどうぞー(^^)。
yakumo様 
実は逆で、壕口見つけてからMAP見て「司令部か?」と思った次第ですよ。
でも、ここら辺一体を探したわけじゃないのでまだまだあるかもしれませんよー。
自分も元から二回訪問を予定して探索してましたが、やり残しがあるんで第三弾も視野にw。
でも他にも行きたいところがあるんでそっち行っちゃうかも・・・ですがね。
 
yuukiさん!有り難う御座います!!参考にさせていただきます!φ(..)。一生に一度穴というものが何なのか自分の目で見てみたいと思います!一応安いミリタリーブーツ、200ルーメン近いタクティカルライト、手袋とか揃えました!
シナンジュスタイン様 
松代大本営や大谷資料館の壕内にはライトが点いてますよ。
もしも管理されていない地下壕に行くならば、少なくともハンディライトの予備は必須です。
自分はヘッドライト一本、ハンディライト二本持って行ってます。
一本だと故障した場合大変ですからね。最低、もう一本必要かと思います。
あと電池の予備も必須となります。
明かりのない壕内は本当に暗い、というか闇ですのでご注意を。

あと地下壕はどんな新しいものでも70年昔のものです。
今はいつ崩落してもおかしくない状態だと言えます。
よくあるトンネルとは違って長い間使用するつもりで造られていないものがほとんどです。
落盤の危険等もあるので、出来たらヘルメット被ったほうがいいでしょうね。
自分はタオル二枚巻いてる程度ですがねw。
と言っても落盤に巻き込まれたらどうしようもありませんが。

あと、酸欠や有毒ガス、地下壕ではそうあるものではないですが竪坑に落ちないように注意も必要です。
景色が同じなので常に帰還時の順路もある程度は記憶しておくことも必要です。
などなど地下には危険がいっぱいです。
自分で「無理だなー」と思ったら引き返す判断も必要になります。
くれぐれも無茶だけはしないようにお願いします。
不必要にリスクを負う必要はないですからね。

といっても、事故が起こるのはほぼ自分の運かと思いますがねー。
ここら辺が自己責任たる所以でしょう。

長々と書いてしまいましたがお互い安全第一で行きましょう!
ではではm(_ _)m。
 
yuukiさん!ヘッドライト、予備タクティカルライト、工場用ヘルメット揃えました( ̄∇ ̄*)ゞ。夏の計画を考えております!
シナンジュスタイン様 
早いですねー。お疲れ様です。
では頑張ってください!

プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。