GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呉探訪 vol.7 コンクリート船 武智丸

Category: 軍事遺産・広島   Tags: ---




呉探索はまだつづく!


DSC09792_convert_20140910212958.jpg


舞台は少し移動してJR安浦駅へやって来た


DSC09793_convert_20140910214230.jpg


目的地は安浦漁港
駅から歩いて15分くらいだったかな?
その漁港にある船を見るのが今回の目的!
いや~それにしても遺構のたくさんある街っていいね


DSC09795_convert_20140910214843.jpg


呉といえば海軍(*-ω-)(-ω-*)ウンウン


DSC09797_convert_20140910223634.jpg


海軍といえば戦艦(*-ω-)(-ω-*)ウンウン


DSC09796_convert_20140913053040.jpg


戦艦といえば船(*-ω-)(-ω-*)ウンウン


DSC09801_convert_20140910223748.jpg


船といえば・・・コンクリート(*-ω-)(-ω-*)ウンウン


DSC09898_convert_20140912021420.jpg


ということで見えてきたよ!


DSC09807_convert_20140910224108.jpg


コンクリート船武智丸(*´ω`*)!!


DSC09889_convert_20140912020636.jpg


武智丸の歴史についてはこちらのサイトを参考にさせて頂いきました
安浦町まちづくり協議会

ここ安浦魚港には戦時中に造船された第一武智丸、第二武智丸が防波堤として利用されている
昭和20年に防波堤の無かった安浦漁港は枕崎台風により甚大な被害を受けた
そこで二隻のコンクリート船が防波堤として設置された
このような戦後利用がなければ破棄されていたかもしれない

漁港側手前から第一武智丸、奥が武智丸と並んでいる
こちらは第一武智丸艦首

ちなみに呉市音戸町にある坪井港にも曳航式油槽船(コンクリート船)があるが
こちらはエンジンを積んで自走航行していた

ちなみに時間の都合上坪井港の方へは行けなかった


DSC09888_convert_20140912020728.jpg


その下には艦首入り口があるがこの時は若干水没ぎみ
時間帯によってはいけるのだろうか?


DSC09809_convert_20140910224258.jpg


反対の艦尾側
遊歩道が作られているがこれは先にある灯台に行くためにつくられたそうな


DSC09811_convert_20140910224355.jpg


武智丸には2つの船艙(貨物を積み込む場所)が造られている
そう武智丸は戦艦ではなく輸送船として製造された


DSC09881_convert_20140912020142.jpg


降りてみた

それにしてもコンクリートが浮くのか?とか思うかも知れないが
コンクリート船は第一次世界大戦あたりから鋼材の不足から
欧州を中心に計画、建造されている


DSC09882_convert_20140912020306.jpg


外型を木材、中に鉄筋、その内側(船体内側)を木材で造り、その隙間にコンクリートを流し込んで造ったようだ
ということは木筋コンクリート船?


DSC09883_convert_20140912020423.jpg


第一武智丸船尾側


DSC09859_convert_20140912015157.jpg


中に入ると床?が濡れている
満潮時には恐らく海水がここまで満ちているんだろう

それにしてもいい雰囲気だ♪


DSC09865_convert_20140912015329.jpg


中央にある開口部が多分機関室
水没のため入ることは出来ない


DSC09867_convert_20140912015510.jpg


当時のものか?


DSC09869_convert_20140912015705.jpg


艦尾最後部
でもコンクリートの船があるくらいなんだからコンクリートの車ってないのかな?

DSC09871_convert_20140912015900.jpg


さあ、遊歩道に戻ろうか


DSC09814_convert_20140910224744.jpg


遊歩道に戻り第一武智丸艦尾上部から眺める
ここが甲板だったんだろう
コンクリートの骨組みって素晴らしい!!


DSC09816_convert_20140910225043.jpg


第二武智丸へ移動する
これは第二武智丸艦尾部分
第一と第二は艦尾同士を繋いである
構造は第一と同じだがこちらのほうが水没していない分状態は良好


DSC09820_convert_20140910225340.jpg


第二武智丸船艙
内部は水没


DSC09818_convert_20140910225212.jpg


艦尾部分へ


DSC09822_convert_20140910225457.jpg


やはり第一と違って状態が良い


DSC09833_convert_20140910230559.jpg


機関室が水没してるのは一緒


DSC09823_convert_20140910225608.jpg


艦尾最後部は少し海水が溜まっていた
ここらで武智丸の簡単な歴史について


DSC09824_convert_20140910225702.jpg


船の基本設計は遠山光一技術中佐,実施設計は舞鶴海軍工廠の林邦雄技術中佐が行った
製造に関しては民間会社社長の武智正次郎が行った
彼は造船業ではなく土木業の会社を経営していたようで
造船業に関しては素人だったわけだがコンクリートに関してはお手の物だったんだろう

武智氏は林中佐とドック探しに奔走,兵庫県高砂市の廃塩田に決定した
そして「武智造船所」と名付けられ、完成したコンクリート船は造船所の名から取り
武智丸と命名された


DSC09825_convert_20140910225802.jpg


武智丸は四隻造られた
第三武智丸は戦時中に瀬戸内海の小豆島沖で触雷沈没
第四武智丸終戦後完成したが、台風の影響で神戸沖で座礁し、のち廃船となったらしい


DSC09828_convert_20140910225906.jpg


武智丸の役目は海軍の雑用船だった
瀬戸内海の大坂、若松、呉間を石炭、鉄鋼、雑貨等を運搬していたようだ

ちなみに色々なサイトを見ていたら南方の方まで出向いた等のことが書いてあったが詳細は分からない
タンカーや護衛船に引っ張ってもらう機関部を持たないコンクリート製曳航式油槽船はシンガポール方面まで行ったようだが・・・
色々とごっちゃになってそうな気もする


DSC09840_convert_20140911221416.jpg


この船が何処まで航行したかは分からないが
意外と頑丈な船だったようで
神戸港で後方からぶつかってきた鋼船を沈没したり
先行する鋼船が触雷(機雷による爆破)し沈没したのに対し
金属でない武智丸は爆発することなく、ヒビが入った程度だった
修理もモルタルを塗りこむだけで済んだようだ
まあ、第三武智丸は沈んだけど・・・


画像は第二武智丸船首
さあ、中へ入ろう


DSC09843_convert_20140911221559.jpg


この他にも利点があった
建造期間が短く建造費も安く、断熱性がく、振動が少ないことなどだ
予想に反して実用性は高かったと言える


画像は第二武智丸船首内部
丸っこいのは漁業の道具?

DSC09844_convert_20140911223041.jpg


だが当然欠点もあった
やはりコンクリートは重いため船体が重くなってしまい、速力も遅く、燃費も悪かったようだ
というか致命的な欠点?
まあ、そのせいもあって戦後は製造されることはなかったようだ


画像は第二武智丸船首最前部

DSC09846_convert_20140911223235.jpg


管が残っていた
多分、錨のチェーンの通る管だろう


DSC09853_convert_20140912012001.jpg


第二武智丸船首方向から
前方の穴はたぶん錨のチェーンが通ってた穴で
その向こう側の土台はそれを引き上げるウインチのあとかな?


DSC09854_convert_20140912013541.jpg


船首部分へ降りてみると
鋼板が使われていた


うん、これで八丈島へ行こう(`・ω・´)!!


DSC09891_convert_20140912020927.jpg


・・・なんてことを考えてしまう武智丸でした

そういえば最近、東京湾要塞第一海堡にBBQ行った輩がいたそうな?そんでSOS?
いや、記事とは関係ないけど・・・まあ、あんま人のこと言えないかな?


それはさておき


呉編はもうちょいつづく・・・


おまけ動画
第一武智丸艦首~第二武智丸
[広告] VPS



スポンサーサイト

Comments

いいですね武智丸 
コンクリート船は見てみたいカテゴリーです
八丈島みたいに、どの辺に船体が埋まってるの?って状態より
輸送船とはいえ、見えるに越した事はありません。
しかも乗り放題!
Re: いいですね武智丸 
神湊漁港のは事前に知ってないと素通りしそうなほど見る影もないですからねぇ。
それに比べてここは当時の姿をそのまま残してくれてます。
呉に行かれることがあればここはオススメです!

プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。