fc2ブログ
GO EXPLORING

GO EXPLORING

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います




九州探訪鹿児島編の続き!!
次なる遺構の残る場所へ
前回から東に向かう


DSC03325.jpg

適当にあぜ道を進んでいくと目的のモノが見えて来たね


DSC03329.jpg

川東掩体壕だ!
現在は維持管理されている


DSC03341.jpg

正面より撮影
海軍式の掩体壕なら入口は凸型が多いんだけど
正面の部分は崩落したのだろうか?


DSC03345.jpg

しかし薄いコンクリートですな
その内崩落しそうな気がする


DSC03330.jpg

案内板が落ちている


DSC03331.jpg

DSC03334.jpg

DSC03336.jpg

DSC03338.jpg

DSC03339.jpg

周囲の地図が書かれている


DSC03343.jpg

掩体壕内部
綺麗に整備されている


DSC03348.jpg

横から
一部陥没してしまっている


DSC03354.jpg

バックショット


DSC03355.jpg

何か置いてある


DSC03356_20201011000241565.jpg

鹿屋基地にあった掩体壕のかけらのようだ
残念ながら現在掩体壕は解体されてしまっている


DSC03375.jpg

川東掩体壕に別れを告げ北の方にある笠之原基地地下道入口と言われている遺構を見に行く


DSC03387.jpg

見えてきた


DSC03389.jpg

なんか原っぱの中に残っている笠野原基地地下道の入口とのこと


DSC03392.jpg

地下への入口は塞がれている
というかこのタイプの造りの入口は見たことない
他にも有るのかな?


DSC03390.jpg

笠野原基地の沿革の案内版だ


DSC03399.jpg

これ何の窪みだろう?


DSC03396.jpg

正面より撮影
道路を挟んだ先には民家が建っている


DSC03398.jpg

内部は狭い
地下道の入口はコンクリートで塞がれている
ただ、地下道というのがどの程度のモノかはよく分からない
ここから少し北に行くと弾薬庫があるけど、現在民家になっているのでスルーします
さて、場所を移動しよう


DSC04204.jpg

更に東に進んで大塚山までやって来た
ここの山頂付近にコンクリート遺構が残っていると風の噂を聞いたのだ
ただここの門が17時に閉まるらしい
現在時刻16時のため1時間のみの探索となる
ちなみに大塚山は本土決戦陣地の拠点で歩兵第百八十八聯隊の本部が置かれていた場所になる


DSC04225.jpg

山頂までやって来た
さて遺構は何処?


DSC04239_20201011231543c0d.jpg

山頂の斜面に何かある?


DSC04238.jpg

おお!これだ!
しかし、これだけだと何だか分からないね
そういう時は・・・?


DSC04242.jpg

中から確認だ!!


DSC04245.jpg

ここの内部は湿度が高いね
地質はシラスではなさそうだ
分からないけど火山岩だろうか?


DSC04264_202010112345127d1.jpg

見えてきた


DSC04280.jpg

内部はスリット状の窓になっている
おそらく観測所だろうね
埋まってるけど


DSC04279.jpg

しかし分厚いコンクリートだ
川東掩体壕よりも厚そう


DSC04272.jpg

かなり丁寧に構築された観測所ですな


DSC04273.jpg

埋めれているので観測することは出来ない


DSC04276.jpg

さて、目的も達成したし脱出しよう


DSC04201.jpg

この大塚山はいつか一日使って探索したい
勘だけど色々とありそうな気がするんだよね

ということで続く
鹿児島編はまだ続くよ!



( ´Д`)ノ~バイバイ




おまけ動画




スポンサーサイト






DSC03457.jpg

九州探訪続きです!
今回も鹿屋市をプラプラしてみた編ですよ!


DSC03471.jpg

近くには廃ホテルもある
取り敢えずホテルは興味ないのでスルーする


DSC03470.jpg

公園があったので寄ってみよう


DSC03472.jpg

奥に行くと何かあるね


DSC03473.jpg

貯水槽だ
戦時中のものだろうか?(←適当)


DSC03474.jpg

このタイプの貯水槽どっかでみたなー?って思ったら大久野島で見たのに似てた気がする
たしかテニスコートの奥の方だったかなー?
大久野島のはもうちょっと大きかったかな?
記憶が曖昧だからあんまり自信ないw


DSC03596.jpg

駐車場の方に来てみた


DSC03597.jpg

塞がれているけど連なった壕口がある
ちなみにこの辺りは米軍の九州上陸作戦であるオリンピック作戦に対抗すべく本土決戦用に主抵抗拠点として鹿屋地区海軍守備隊が配備されていた
これはもしかすると抵抗拠点陣地の一つかもしれないね?
もしくは擬装陣地とか?


DSC03598.jpg

二つ目の壕口


DSC03599.jpg

三つ目の壕口


DSC03601.jpg

たぶん四つ目の壕口
ここは埋もれてしまってる


DSC03602.jpg

五つ目
周囲を見てみたけど内部には入れるところは無かった


DSC03485.jpg

もう少し奥の方へ行ってみよう
すると案内板を発見!


DSC03486.jpg

どうやらここは鹿屋城址のようだ
ちょっと城跡見てみようかなー?


DSC03488.jpg

鼻歌交じりに歩いていくと・・・


DSC03490.jpg

おや?何かある


DSC03491.jpg

道から高さ2.5~3m程度の位置だろうか?(←体感)
これ位なら余裕で登れるかなー?って思ってたら甘かった
いやー地盤が緩く足場の踏ん張りが利かないw
恐るべしシラス台地!


DSC03494.jpg

シラス台地の洗礼を浴びながらなんとか壕口に辿り着いた
シラス台地って堆積した部分は固いけど地表部分は緩いのね
分かってはいたけど改めて実感したよ


DSC03496.jpg

さて、内部はというと・・・?


DSC03504.jpg

L字状の壕で数メートルで閉塞していた


DSC03499.jpg

というより埋め戻されたみたいだ
外に繋がっていたんだろうね
本来はこちらが出入り口だと思われる


DSC03507.jpg

仕方ないので戻ろう


DSC03508.jpg

陣地だとすると入って来た所は狙撃口だろうか?


DSC03510.jpg

ただ開口部が大きすぎるかな?
狙いやすそうだけど防御力に乏しそうだ


DSC03512.jpg

埋もれた先を探してみようかと思ったけど立ち入り禁止になってたので止めておこう


DSC03515.jpg

ということでもう少し進んでみよう


DSC03516.jpg

おや?何かある
ちょっと覗いてみよう


DSC03531.jpg

天井は低いけど中腰で進んでいけそう
浅そうに見えたけど壕の奥で坑道は左側に折れているね


DSC03534.jpg

奥を曲がるとまたしても坑道は左側に折れている
コの字型の壕かな?


DSC03538.jpg

やはりコの字型の壕だったけどこちらの壕も奥は閉塞していた


DSC03540.jpg

こちらも埋め戻されたみたいだね


DSC03553.jpg

ということで脱出
ここも用途は不明だけど待機壕かもしれない


DSC03519.jpg

壕から這い出たその先には整地された場所が出て来た


DSC03522.jpg

城山展望台があるけど戦後のものだろう


DSC03517.jpg

亀鶴城址の碑


DSC03518.jpg

階段も造られている
結構しっかりとしたコンクリートで造られている


DSC03563.jpg

取り敢えず上まで登ってみた


DSC03562.jpg

振り返ってみる
思ってたよりも高いね


DSC03565.jpg

見晴らしは良好だ


DSC03566.jpg

この後もう少し周囲を散策してみたけど特に目ぼしいものは無かった
ただ広範囲に探しただけなので他にも戦時の遺構は残っているかもしれない
ちなみに城の抜け穴もあるみたいだね
あと、今回の内容はあくまでも推測なので全然違ってるかもしれないので悪しからず


ということで今回はこれぐらいにします
しかし九州編はまだまだ続く~
( ´Д`)ノ~バイバイ


おまけ動画



プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login