fc2ブログ
GO EXPLORING

GO EXPLORING

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います



熊本城レポに続いて熊本レポです!
熊本市北区には弓削神宮というB級スポットがあるのよー


DSC00401.jpg

ということでJR豊肥本線で光の森駅にやって来た!
駅の名前からして神秘的だ
今回は地下壕探索じゃないからライト類は要らないだろー、とホテルに置いてきた
持ち物はほぼカメラのみだから体が軽いw
しかし!この判断が不味かった


DSC00257.jpg

羽が生えたみたいに軽快に、なんだったら鼻歌交じりで神社に向かっていた時だった・・・


DSC00258_20200301214852fea.jpg

工エエェェ(´д`)ェェエエ工


DSC00260_202003012200135da.jpg

もう一個ある・・・
何故だ?何故見つけてしまうんだ?
完全にノーマークだった・・・
中に入ろうにもライト持ってきてないじゃないか
やっぱライトは持ってくるべきだったと反省


DSC00259.jpg

カメラだけ突っ込んでフラッシュ焚いて撮影してみた
たしか弓削には地下工場が造られたんだったなーとこの時は思った


DSC00261_20200301220016774.jpg

こっちの壕口は扉が付いてないが少し埋もれていて壕口は三つ連なっている
家に戻ってから調べてみると、おそらく龍田弓削変電所の格納壕かと思われる
位置情報と壕口の数からしてそうだろう
変電所の銅線や機械類を格納したり地区の防空壕としても利用されたようだ
内部には入れなかったので壕内の形状は分からないが吊の字に近い形状かと思われる
またいつか機会があれば訪れたい

しかしやらかしたなー
他でもこの手のミスはやらかしたんだけど、それはまたその内ってことで弓削神宮に向かおう


DSC00265_20200301221855419.jpg

弓削神宮の鳥居までやって来た
おそらくこの通りが参道なんだろう


DSC00267.jpg

弓削神宮って書いてある


DSC00269.jpg

記念碑があるがなんて薄くてなんて書いてあるか分からない


DSC00272_20200301223438f6c.jpg

参道を歩いていく
左手側が変電所になる
さっきの格納壕はここの変電所の倉庫になる


DSC00275_20200301224445a98.jpg

少し行くと鳥居が見えてきた


DSC00276_202003012244281ab.jpg

弓削神宮に辿り着いた
思ったよりもこじんまりとしている

孝謙天皇を祀っている神社になるが、五穀豊穣や子孫繁栄、夫婦円満、浮気封じと様々な、特に男女間の問題を解決してくれるありがたい神社みたいです
元々この地は孝謙天皇の寵愛を受けた日本三大悪人の一人である弓削道鏡が朝廷を追われて辿り着き、ここにいた藤子姫を見染めて大淫蕩だった道鏡が良き夫となったという逸話がある場所です


DSC00314.jpg

弓削神社の手水舎がある
まずは手を清めるとしよう


DSC00316_20200308201104b4f.jpg

何故だかとても清められた気がする


DSC00285.jpg

本殿でお参りする


DSC00286_20200308201730c21.jpg

横に何か置いてあるね


DSC00291.jpg

おみくじがひび割れた箇所にいっぱい刺さっている
こういうものなのか?


DSC00293_202003082017255a4.jpg

痛そうとしか言いようがない
朝起きて自分のがこんな感じになってたら・・・きっと慟哭することだろう


DSC00296.jpg

横に小さな可愛らしい鳥居がある


DSC00297_202003082025322ee.jpg

くぐると腰痛が良くなるみたいだ
翌日から頑張りましょうの意味がよくわからんけどね


DSC00298_20200319230945178.jpg

記念碑ある
鎮座七百五十年記念碑と書いてある
神社が出来てから七百五十年の記念に建てたのだろうか?

碑の奥の方に建屋があるので行ってみよう


DSC00302_20200319230940e8f.jpg

奥にはまた何か落ちてた


DSC00304.jpg

どうやら興奮して真っ赤になっているようだ


DSC00305.jpg

なでなでするといいみたい・・・いい意味で


DSC00307.jpg

よくよく見れば色々置いてあるね


DSC00308.jpg

何というか芸が細かい

本当は板に釘を打ち付けて浮気封じの願掛けをしたものが放置してあったけど写真撮ってなかった・・・


DSC00320.jpg

とりあえず目的は達成したので次にもう一つの神社を目指す


DSC00323.jpg

弓削神宮の横を流れる白川の対岸に上弓削神社がある
今度はそちらを目指す


DSC00343.jpg

鳥居までたどり着いた
法皇社って書いてある


DSC00347_202003200013194b9.jpg

さっきの弓削神宮に比べればさらにこじんまりとしている


DSC00342_20200320001316817.jpg

本殿が見えてきた


DSC00356.jpg

本殿はこじんまりとしてる
上弓削神宮に比べると質素な感じだね


DSC00358.jpg

おや、横に何かあるようだ


DSC00360_20200320001826ce6.jpg

なんだ
花崗岩か(;^ω^)


DSC00367.jpg

ちなみにこの上弓削神社も孝謙天皇を祀っている神社だ
どちらの神社も孝謙天皇を祀っているが、弓削神宮が女神であるのに対し、こちらの上弓削神社は男神と言われている
一説では弓削道鏡を祀っていると言われているから男神なのかと思ったんだけどね?


DSC00369.jpg

そしてここの男神が対岸の弓削神宮の女神に毎晩白川の飛び石を渡り逢瀬したといふ言い伝えも残る
そして呪詛のため、真夜中の丑三時に藁人形を打ち付けていた時もあったとか・・・


DSC00372.jpg

ちなみに夫婦仲の不和の原因は性器の良否にもあるとか、また不自然な性行為を究めてくれて、性器奉納をするとその願いが成就して、夫婦円満になるようです
ということで目的は達成したので帰るとしよう


DSC00380.jpg

ということでこの地にはまたいつか行かねばなー



( ´Д`)ノ~バイバイ




スポンサーサイト



プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login