fc2ブログ
GO EXPLORING

GO EXPLORING

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います





第三次八丈島探索オーラス!
為朝神社付近の探索してみることにした

経緯は以前のレポ八丈島 vol.8 ふるさと村でもラストの方に少し書いてあるよ
為朝神社付近からふるさと村まで繋がっていた壕があったそうだけど、どうやら埋め戻し、埋没してしまったとのこと
位置的には酒井諫山大隊の陣地壕だろうか?

一応見るだけ見てみようと思って、ふるさと村方面は民家が多く探索するには不向きなため為朝神社付近の探索を少ししてみた
とはいえ全く情報がないためダメもとで突入するのだ
それでイイのだ


DSC04065.jpg

ということで為朝神社にやって来た


DSC03968.jpg

山道を道なりに登っていく


DSC03973.jpg

そして山の中へ入っていく・・・
そして気付いたんだけど・・・なんだか通りが塹壕っぽくなってきたんだよね
いや、写真じゃわかりづらいけどね
山の斜面を少し掘り下げてるんだよねーここ
腰ぐらいの高さまで掘った道が続いている・・・

これは怪しい・・・と思い塹壕(仮)から出て山側へ向かうと・・・?


DSC03975.jpg

なんか出た!!



DSC03976.jpg

中を覗いてみるとかなり縦長で幅が狭くなっている


DSC03978.jpg

内部に入ってみたけど思ったより深そうだ


DSC03980.jpg

進んでいくと扉がついていたであろう箇所があった


DSC03983.jpg

当時の釘だろうか?


DSC03985.jpg

さらに進む


DSC03987.jpg

少し広い部屋に出た
生息部だろうか?


DSC03989.jpg

掘りかけ?の箇所もある


DSC03991.jpg

直線的な坑道ではなくちょっとクネクネした坑道になっている?
やはり地下陣地かと思われる


DSC03992.jpg

さてドンドン進んでいこう


DSC03993.jpg

進んでいくと明らかに地質が変わってきた
地質には詳しくないがなんかすごい!


DSC03994.jpg

画像の壕床を見ると突然地質が変わるのが分かってもらえるだろうか?


DSC03997.jpg

壕床には水の浸食による窪みが出来ていた


DSC03998.jpg

更に進むと外に近くなったところでいくつか道が分かれていた
こちらはおそらく外に繋がっていたんだろうが埋没している
天井も低い


DSC03999.jpg

こちらの壕口は完全に崩落していた


DSC04000.jpg

こっちの方は・・・


DSC04001.jpg

外に繋がってる
光に誘われるように外へ向かう


DSC04002.jpg

若干塞がりかかってるけど外へ出ると・・・?


DSC04003.jpg

どこやねん(;'∀')


DSC04005.jpg

再び中へ戻り違う坑道を進むと明かりが見えるが少し土砂が溜まってる?


DSC04009.jpg

明かりの方へ向かうと上部に穴が開いている


DSC04013.jpg

造りを見ると狙撃口だろうか?


DSC04014.jpg

外を見ると海岸方向を向いていた・・・はずw


DSC04015.jpg

外から狙撃口を見てみる
とりあえずこの壕に関してはこれで内部は回ったはずなので内部に戻り最初に侵入した壕口に戻り外へ出る


DSC04020.jpg

再び山道をさまよう
きっとまだなんかある気がするのだ


DSC04021.jpg

やっぱり(*´ω`*)


DSC04022.jpg

早速侵入するが・・・


DSC04023.jpg

内部は土砂で埋まっていて踏破不能だった・・・


DSC04025.jpg

ということで外に出る


DSC04026.jpg

再び捜索していると壕らしきもの発見


DSC04027.jpg

ここは内部は埋まっていた



DSC04028.jpg

更に彷徨ってると再び怪しい場所発見!


DSC04029.jpg

見つけた


DSC04030.jpg

早速潜入する


DSC04032.jpg

内部は最初の壕と同じ狭く高い構造になっている


DSC04036.jpg

進んでいくと分岐点があったのでまがってみるが・・・


DSC04038.jpg

行き止まりだった
戻って直進方向へ進む


DSC04041.jpg

進んでいくと・・・?


DSC04042.jpg

ん?土砂か?


DSC04045.jpg

完全に埋まっていた
きっと外に繋がっていただろう


DSC04046.jpg

ということで再び外へ向かう


DSC04049.jpg

さて、次を探すぞー・・・と意気込んだところで大惨事が起きる
本レポの最初の方で塹壕らしきものがあったといったが、そこに降りる手前で足を蔦に引っかけてしまった・・・(T_T)/~~~
あと一歩で塹壕に降りるという位置だったため頭から塹壕に・・・


無題2

無題3

無題4

無題5

ミラクル発生w

着地後、思わず周りをキョロキョロしてしまった・・・誰もいるわけないのにw
危うく頭から落ちて大惨事になるとこだったわ・・・第三次だけに・・・

・・・あれ?滑ったかな??・・・今年の初滑りか・・・?
いや滑ってなんかいない!
ちょっとつまずいただけさ!人生に~♪(←イミフ)


DSC04070.jpg


ということでここで探索は終えることにした
肩で着地してるから後で痛くなるかなーと思ったけど結果的には何ともなかったけどね

それはそうとおそらくここら辺はまだまだ地下壕が残っている気はする
巨大壕の痕跡も見つけられなかったしね


DSC04819.jpg

ということで第三次八丈島探索は終わりを告げた


DSC04893.jpg

さよなら八丈島
またいつか会えるといいな
( ´Д`)ノ~バイバイ




第三次八丈島探索編終わり




おまけ動画 最初に紹介した陣地壕
[広告] VPS




スポンサーサイト







八丈島探索つづき!

野戦病院壕を後にし、次なる場所へ向かう


DSC04203.jpg

目的地は同じ末吉地区のため、さほど遠くはない



DSC04205.jpg

見えてきた


DSC04208.jpg

尾越の水汲場だ


DSC04210.jpg

どうやら優秀な水源みたいだ

今回ここに来たのは水汲場を見に来たわけではない
どうやらこの付近に地下壕があるらしい


DSC04212.jpg

多分、こっちの方だろうなーって周囲を探索する
さすがにここら辺は人の踏み跡がなく荒れ放題になってる


DSC04264.jpg

あったー(*´ω`*)!
 


DSC04263.jpg

でも入口が小さい・・・
なんとか強引に潜入する


DSC04216.jpg

壕口はギリギリ通れるサイズで、いつ崩落してもおかしくない
ちなみに出入りできるところはココしかない
内部はやたらゴミが散乱しているが初見の壕はワクワクする


DSC04218.jpg

振り返り壕口を内部より確認する
壕口は崩落しかかっている


DSC04220.jpg

少し進むと斜坑が出てきた


DSC04221.jpg

斜坑を登っていくが八丈島の他の壕に比べればどうってことないレベル


DSC04255.jpg

振り返ってみる
ちょっとした斜面ってところか


DSC04222.jpg

斜坑を登ったところから湿度がひどい
ただここから平たんなため探索するには容易な壕になってる


DSC04223.jpg

集落から近いせいかゴミが散乱していね
こういうのは本土も離島も変わんないね


DSC04228.jpg

さて先に進もう


DSC04229.jpg

この壕の特徴として小部屋のような生息部が掘削されていて、わりかし平たんに掘削されている
水源に近いことを考えると兵員の居住区用の壕だろうか?


DSC04235.jpg

人工的に塞がれている
多分外に繋がっていたんだろう
左手に穴が開いてる


DSC04236.jpg

ここも生息部か倉庫のような感じ


DSC04239.jpg

完全に人工的に塞がれている
民家に近いからだろうか?


DSC04241.jpg

さらに進む


DSC04244.jpg

閉塞してる?


DSC04248.jpg

どうやらここで行き止まりのようだ
一通り回ったようだし、脱出しようか


DSC04261.jpg

出るときに気付いたが侵入口付近にはこのような段差も造られている
遊び心かな?


DSC04262.jpg

さて脱出しよう
規模的にはさほどではないが初見の壕を堪能出来て満足('ω')!


DSC04306.jpg

帰りしな末吉温泉見晴らしの湯でゆったりする
写真は撮れないがここの見晴らしは素晴らしい!


DSC04305.jpg

ということで末吉地区、尾越の水汲場付近にある壕でした

次回にて第三次八丈島探索ラスト!
つづく





第三次八丈島探索 末吉地区 居住区用の地下壕?
[広告] VPS









プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login