fc2ブログ
GO EXPLORING

GO EXPLORING

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います





第三次八丈島探索続きです!

久々に八丈島末吉地区にやって来た
というのも第二次探索時に発見に至らなかった末吉地区にあるという野戦病院を見つけるためなのよ
むしろここのために三度、八丈島に来たといっても過言じゃない
おそらく病院という用途を考えると道沿いに近い、アクセスの容易なところにあるだろうと予測して捜索する

ちなみに以前のレポです→八丈島再訪 vol.10 野戦病院壕を探してみたものの撃沈!失敗レポとついでの没レポ


DSC04095.jpg

末吉地区にある小学校と中学校に隣接している保育園


DSC04094.jpg

残念なことにどうやら閉園しているようだ


DSC04107.jpg

ということで早速探索するが・・・
う~ん・・・見つかんないな~


DSC04109.jpg

画像では分かりづらいが谷筋のところを探索しているため崖となっている
野戦病院をみつけるため、斜面を登ったり下ったり、藪漕ぎしたりしなかったり
崖部分で「あれ、穴じゃね?」的なところをロープで降下してみたり、ただの窪みだったり・・・(←落ちたら死ぬ)
何度も急斜面を行ったり来たりしたり・・・


DSC04113.jpg

しかーし!
結構苦労したが見つからない・・・・
というか気づけば複雑な地形のところを探してしまった・・・
苦労は結局報われないのか?徒労に終わってしまうのか・・・?
正直者が馬鹿を見る世の中でいいのかー!?

とかなんとか言っちゃって一旦、落ち着いて再考しようと来た道を戻る
その時、ちょっとだけ気になった場所があったんだけど・・・
まさかこんな分かりやすいとこにはないでしょ?ってスルーした所がある
戻りしな、まさかこんなとこにはないよなーって思って行ってみると・・・


DSC04125.jpg

あったー(*´ω`*)!!

おそらく位置的にもここで間違いないだろう
まさかこんなところにあるなんて・・・あんであんな険しいとこ探しちゃったんだろ?
俺の苦労返して( ;∀;)・・・


DSC04128.jpg

もうなんでもいいや
早速内部に侵入する
内部は四角く掘削されている


DSC04129.jpg

少し進むと丁字路に出た


DSC04130.jpg

覗いてみるとここの坑道だけ木材が散乱している


DSC04132.jpg

突き当りを曲がる


DSC04133.jpg

さっきまでの直線的な坑道に対し少し角度がついているけど、曲がると直線的な坑道が続く
病院壕という用途からか基本的に坑道は真っすぐ掘られている
落盤はしているものの八丈島の他の壕に比べれば歩きやすい
白兵戦を想定されていない造りとなっているような気がする


DSC04135.jpg

あらら、行き止まりか?
と思ったら丁字路があった
まずは行き止まりの方へ行ってみる


DSC04137.jpg

なんか壁面が赤くなってる
鉄分が酸化してるのかな?


DSC04138.jpg

行き止まり
いや生息部か・・・いや病人の待合室か?


DSC04139.jpg

行き止まりかと思ったら外に繋がっていた
なんとか壕口まで行けそうだ


DSC04181.jpg

こっちの壕口は今にも崩落しそうな勢い


DSC04180.jpg

一応出入りは可能だけど、おそらく外側からは見つけられそうにないと思う


DSC04140.jpg

ということで壕内に戻り先ほどの丁字路を曲がってみる


DSC04141.jpg

また木材が落ちてる


DSC04145.jpg

奥に行くと山肌側に曲がっている


DSC04146.jpg

曲がると結構落盤しているところに出てきた


DSC04147.jpg

少し行くと・・・


DSC04163.jpg

地層のある場所に出た
写真じゃ分かりづらいけど明らかに層ごとに岩質が違っている
いや、詳しいことは分かんないけどね
うん、なんかブラタモリっぽい場所だ!


DSC04150.jpg

少し行くと角に出る
おそらくここをを曲がると最初の壕口にあった木材の散乱していた坑道に出るんだろう


DSC04152.jpg

やっぱり
当時の支保工かな?


DSC04155.jpg

かなり劣化していて触ると崩れてしまう


DSC04157.jpg

ココを抜けると最初の壕口に出た
どうやらこれで一周したようだ


DSC04200.jpg

ということで野戦病院壕から脱出した
規模的には総延長100m前後といったところだろうか?(←あくまでも体感)
しかし三年越しの願いが叶った瞬間だ
ホント感慨深い瞬間だった・・・

素晴らしきかなこの八丈島
そして次なる場所へ向かうのだった・・・



八丈島探索はまだ続くよ
じゃあね(・ω・)ノ



八丈島 末吉地区 高野隊野戦病院壕
[広告] VPS

スポンサーサイト





今度は鉄壁山司令部壕までやってきた
というのも、以前に壕内は回ってはいるが第三層と第四層にたどり着けていないのだ
侵入できる壕口を探そうと思ったんだけど
あいにく結構な雨が降ってきたため断念した


DSC04354.jpg

でも、せっかくだから以前回った第一層と第二層を内部を回っていこうと中に入ってみる

一応,以前のレポ↓
八丈島 vol.13 鉄壁山 浦兵団司令部壕


DSC04371.jpg

内部は以前と特に変化は無かったのだが・・・


DSC04390.jpg

指令部員室までたどり着いて気付いたことがあった


DSC04388.jpg

そういやここ登ってなかったな・・・と

この斜坑は指令部員室から山頂に向かって伸びていて、上部にはコンクリート室があるようだ
多分、退避用だとは思うんだけどね
正確なことはわからない

ということで早速登っていく


DSC04412.jpg

・・・がしかし!
途中まで登って後悔した


DSC04417.jpg

ここマジでしんどい(;'∀')
というのも斜坑が砂で埋まってるw
急な砂山登ってるみたいな感じ
踏ん張りながらなんとか登っていく

というかこれ落盤の為かそれともトラップ的な意味で砂を入れたかわからないけど
とりあえず、ただただ登りずらいw


DSC04419.jpg

なんとかたどり着いた
振り返ってみるとこんな感じ
ちなみにこれ斜坑ですw


DSC04421.jpg

登ったところで二手に分かれていたので適当に進んでみるが・・・ん?行き止まりか?



DSC04432.jpg

と思ったら上部にコンクリート室発見!


DSC04433.jpg

なんとかよじ登れそう


DSC04436.jpg

外に出てみると山頂付近のようだが、全景撮ってなかった・・・
なんで撮ってなかったんだろう?


DSC04449.jpg

戻ってもう一方へ向かう


DSC04438.jpg

もう一方にもコンクリート室発見!



DSC04452.jpg

こっちは登れなかった・・・
まあ、銃眼は確認出来たから良しとしよう・・・(゚д゚)(。_。)ウン


DSC04420.jpg

さあ、戻ろう
この後滑り落ちるように斜坑を下って行ったのだった


DSC04454.jpg





八丈島編は続く


八丈島探索 鉄壁山 浦兵団司令部上部壕 動画
[広告] VPS








第三次八丈島探索続きます!


以前、大阪トンネルから鉄壁山の司令部壕へ向かう防衛道路と
司令部壕から三根へ向かう道沿いに地下壕が散見しているレポを書いたんだけど
今回は三根から三原山へ向かうもう一つの道沿いにも残っている地下壕を紹介していくよ!
崩落や塞がれているものも多かったけどね
それにしてもそこら中に穴の開いてる島だなー


地図

黄色が以前紹介したところで、橙色が今回紹介するところ
こちらは底土港から連合軍が侵入した際に対抗するための陣地群かと思われる
八丈島の戦史に載っている部隊の配置図を見ると、複数の部隊が配備されていたみたいだ

前回のレポ↓
八丈島 vol.12 防衛道路
八丈島 vol.14 鉄壁山 司令部から三根に向かう道中にある陣地



DSC04509.jpg

ということで三根地区から三原山へ向かうルートへ向かう


DSC04511.jpg

しかしこの道、進んでいくが誰ともすれ違わないね


DSC04512.jpg

しばらく進むと壕らしきものが見えてきた
見てみるがこれは小さくて入れそうになかった



DSC04514.jpg

もう少し行くとまたしても壕口を発見
こちらは簡単に侵入できるんで早速突入する


DSC04515.jpg

内部は狭く人一人通れる程度
とはいえ他と比べれば楽に進める


DSC04517.jpg

奥まで行くと曲がっている
道なりに進んでいく


DSC04521.jpg

すぐに出口のコの字型の小壕だった・・・気がする
あんまり覚えてないけどw


DSC04523.jpg

ということで外に出てきた


DSC04524.jpg

地下壕を求め更に進む


DSC04525.jpg

また何か見えてきた


DSC04528.jpg

と思ったらちょっとした穴だった・・・残念!


DSC04529.jpg

・・・と思ったらそばに侵入できそうな壕口発見


DSC04533.jpg

いざ中へ!


DSC04534.jpg

内部は四角くなっている


DSC04537.jpg

特徴のある壁面
支保工の跡かな?


DSC04538.jpg

掘り込みもあった


DSC04540.jpg

Y字路に出くわす


DSC04541.jpg

一方は小部屋になっている
棲息部か倉庫だろうか?


DSC04545.jpg

もう一方は埋め立てられてる?
ちょっと出れそうなサイズじゃない
位置的にさっき見た壕口だろう


DSC04549.jpg

元に戻り外に出てさらに進んでいく


DSC04551.jpg

少し行くとまたしても壕口発見!


DSC04552.jpg

内部に入ってみるが・・・


DSC04553.jpg

内部はすぐに閉塞していた


DSC04554.jpg

さあ次に向かう!
どんどん行くよー


DSC04557.jpg

また見つけた


DSC04560.jpg

内部はすぐに閉塞していた
なぜかコーンバーが放置されてた
入らない様に気持ち程度の対策してたのかな?


DSC04564.jpg

更に進んでいくと徐々に道がつづら折りになってくる


DSC04565.jpg

道しるべもあるわさ


DSC04581.jpg

つづら折りの標識もあるし壕口もあるべさ


DSC04585.jpg

内部は壕口付近はちょっとだけごみが散乱している


DSC04588.jpg

内部に入ると意外と奥行きがありそう!?


DSC04589.jpg

内部には水槽もあった
壕内が狭くてこのサイズでしか撮れなかった


DSC04592.jpg

もう少し進むと・・・


DSC04597.jpg

閉塞していた・・・


DSC04600.jpg

・・・と思ったら横に抜けれそうな穴が!


DSC04601.jpg

少し天井が低いので少し屈みながら進んでいく


DSC04602.jpg

今度は四角くなってくる


DSC04606.jpg

奥の方でなんか朽ちてる


DSC04608.jpg

支保工の残骸だろうか?
当時のモノかどうかは不明


DSC04609.jpg

身を窄めながら進んでいくと奥の方には石がある
硬くて砕けなかったか?


DSC04610.jpg

その石のところからさらに下るような坑道が!
思ってたよりか長いなー


DSC04611.jpg

少し下ると・・・?


DSC04615.jpg

出口が見えてきた


DSC04617.jpg

出てみるとジャングルが広がっていた
交通壕だろうか?
この周囲を探ればなんかあるかもしれないけどちょっと情報なしには探せないなー


DSC04620.jpg

ということで壕内を戻る


DSC04621.jpg

壕を抜け再び先に進む


DSC04629.jpg

なんか畑が見えてきた


DSC04630.jpg

道路を挟んだ向かいに怪しいくぼみが!?


DSC04632.jpg

塞がれて入れなくなっている
おそらく地下壕があったんだろうけど塞がれていた


DSC04634.jpg

更に行く


DSC04641.jpg

なんか見えてきた


DSC04642.jpg

多分地下壕だろうけど塞がれていた


DSC04655_201810082135476bd.jpg

この後もう少し進んでみたが壕らしきものが見当たらなくなってきたので途中で引き返した
時間も無くなって来たし・・・


DSC04656.jpg

ということで地下陣地探索はここまで!
ひょっとしたらこの先にも地下壕があったかもしれないけど、無いかもしれない
そんな感じでちょっとだけ後ろ髪惹かれながら次なる探索へ向かうのだった・・・



八丈島編まだ続くよ!



八丈島 三根から三原山へ向かう道沿いの地下陣地 最後に潜った壕 帰還ver.
[広告] VPS




プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login