fc2ブログ
GO EXPLORING

GO EXPLORING

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います





また行ってきた八丈島!
どんだけ好きなんだよっ・・・って第二次で色々と宿題を残してきてしまったからね!
大惨事・・・じゃなくってw第三次八丈島探索レポです!

とはいえ少し前の話だけどねw
ただ第三次は大きい地下壕には遭遇していないのであしからず


DSC03628.jpg

竹芝桟橋より乗船する

やっぱ船旅はいいよね


DSC03669.jpg

ただ何故か立ち入り禁止になった箇所が増えていたのがちょい残念


DSC03671.jpg

こっちの方も立ち入りできない


DSC03685.jpg

さよなら東京
また会おう


DSC03799.jpg

ひと眠りして起きると既に外は明るくなっていた
波は割と穏やかな様子
外へ出てても怒られない
第二次の時の帰りは天候が悪かったから外に出たら怒られた記憶がある


DSC03813.jpg

八丈島に帰ってきたよ~


DSC03839.jpg

そして第三次ともなると色々と失うものもある
時の流れとはこうも残酷なものなのだろうか・・・


DSC03859.jpg

八丈植物公園までやって来たのだが・・・


DSC03861.jpg

鶴さんが天国に旅立ってしまったみたいだ
ご冥福をお祈りいたします
知らなかっただけに少しショックだった・・・


DSC03862.jpg

キョンたちは元気な模様でよかった


DSC03872.jpg

ということで失意の中、以前探索した壕へ来た
というのも前回潜入時にまだ探せば壕がありそうな気がしたのだ
案の定壕口発見!

以前のレポ→八丈島再訪 vol.6 真っ赤な壕を見ただろうか


DSC03873.jpg

潜入成功


DSC03874.jpg

相変わらずここだけは特殊な壕となっている
火山岩の一種であるスコリアで出来た丘を掘削しているのだ

ちょっと調べてみたが、
スコリアっていうのは火山が噴火した時に噴出した、飛沫やしぶきが冷えて固まったもので、
黒っぽいものをスコリアって言い、白っぽいものを軽石って言うらしい


DSC03877.jpg

要するに軽く触っただけで天井や側面がポロポロと零れ落ちてくるのだ!
なんとまあ危険な壕なんでしょう?


DSC03879.jpg

しかも進んでいくにつれてどんどん天井が狭くなってくる
狭くなるっていうか・・・天井が崩れてる?
いや、ズリを排出してない?
それともあえてズリで塞いでいる?


DSC03884.jpg

画像では分かりづらいが中腰・・・というよりしゃがみながら進んでいく
たまに天井をこすり上げるとポロポロ崩れてくる


DSC03886.jpg

更に進んでいくがどんどん狭くなっていく


DSC03888.jpg

更に進んでみたが・・・さすがに狭くなってきたのでこれ以上は行くのは止めた
だけどまだ奥行きは有りそうだった


ということでここまで来た道を再び戻り外へ脱出する
・・・ココまた戻るの(;^ω^)?


DSC03893.jpg

先ほどの地下壕を抜け出し今度はもう一つの壕口にやって来た
さっきリンク貼ったレポの後半に行ったコンクリート砲室のある壕のことね


DSC03890.jpg

ということでロープを垂らしておいて潜入
ロープ無くても行けたかな?


DSC03899.jpg

中に入ってみると独特な雰囲気の地下壕だ
ここらはもともと溶岩流が流れて来て出来た大地だからだろうか?
種類は分からないが火山岩が散乱してる


DSC03900.jpg

何か上から垂れ下がっている
引っ張ってみようかと思ったけど、ドサッと落ちてきたら嫌なんでやめとく


DSC03901、.jpg

通れそうにない穴が開いてる


DSC03905.jpg

先に進んでみる


DSC03907.jpg

少し進むと右側に通路があったので覗いてみると・・・


DSC03910.jpg

何故か鉄パイプが刺さっていた・・・?
何故かは分からないが閉塞のため元の通路の先に進む


DSC03911.jpg


ここまで来ると人工的に掘られた坑道なのが見て取れる


DSC03912.jpg

もう少し行ってみたが・・・


DSC03913.jpg

ここで閉塞していた
外に通じていたような気もするが、崩落したのかな?
何にせよ八丈島に残した宿題の一つがこれで完了した
これ以上先には進めないので戻るが、せっかくなのでコンクリート砲室も見に行く


DSC03941.jpg

見えてきた


DSC03950.jpg

相変わらず素晴らしい造り


DSC03959.jpg

外に出てみた
綺麗に残存している開口部には米軍に接収された時のペイントが薄っすら残っている
以前と比べて特に変化は無いので戻ろう


DSC03838.jpg

そして次なる探索に向かうのだった



続くよ



ついでに動画上げておきます
出来はひどいですがねw


八丈島 第三の司令部に付随する地下壕? vol.1
[広告] VPS

ここ撮影できる状況じゃない中での撮影なので、ひどい出来の動画になってますw




[広告] VPS




スポンサーサイト



ぶらり信濃町の旅

Category: 宗教   Tags: ---

今回は小ネタということで写真ほとんどないですw

なんとなく気が向いたので信濃町ブラブラしてきました
信濃町って言っても長野じゃないよ、東京だよ


DSC06922.jpg

ということで信濃町駅にたどり着いた
駅自体は普通なのだがどことなく変な空気に覆われる気がした
空気が澱んでるというか・・・くすんでるというか・・・
いや、気のせいかもしれないけどさ

といういのも・・・


DSC06925.jpg

信濃町駅から外苑東通りを境に北東方面一帯が創価学会の本部となっているせいだからかな?
ちなみに駅から北西方面には慶應義塾大学病院や新宿御苑があり、
南側には明治神宮外苑が広がっているという、なんというか・・・カオスな雰囲気を醸し出している


DSC06919.jpg

駅で周辺地図を見てみると色々と建物の名前が書かれているが創価学会については何も書かれていない
かなりの敷地面積を誇っているはずだが華麗にスルーされてるw
看板はあるのにねー

創価学会の本部ビルがあるだけでなく、何とか大誓堂だとか聖教新聞社とか公明党本部とか色々あるのにねぇ
これが世間からの評価なのだろう
あまり触れたくないっていう

・・・あっ!ちなみに自分は信者ではない!というか基本的に好意は持っていない
あと自分の家は浄土真宗だけどあまり信心深くない
葬式の時ぐらいしか宗教を身近に感じたことがない
多分、大半の今の日本人はそんな感じじゃないのかな?


DSC06920.jpg

駅の周囲にはコンビニがある
よくある光景


DSC06918.jpg

駅を出て外苑東通りの向こうには慶應大学病院見えるがそちらに渡ることはせず北東方面へ向かう

ちなみに創価学会とは日本で一番有名な新興宗教であろう
少し手間だがどんな団体か説明する
興味ない人は飛ばしてね

学会の公称信者数は約827万世帯だというが、これはあくまでも公称で実際はもっと少ない
これはどの新興宗教にも言えることだが一般的にやめていく人、跡継ぎのいない家庭などをカウントしていないと言われている
要するにマイナスすることをしていないため架空の信者数が増加する一方と言われてる
・・・あくまでも推測だけどね
もっと言うと本部も把握出来てないんじゃないかなw

あと有名なところは公明党の存在だろう
公明党の支持母体なのは言わずもがなで、実質は学会の政治団体に過ぎない
選挙では常に7~800万程の得票数を獲得している
政教分離?なにそれ?おいしいの?状態ではあるが今現在も自公連立が政権を担っている
要するに特定の宗教法人が政権与党の一部を担っている
ホント憲法って何かね?┐(´∀`)┌

もともとは創価学会は宗教団体ではなく教育学研究(宗教による人間形成)を目的とした団体だった
創立者の牧口常三郎は小学校の教育者で日蓮正宗に入信していた
牧口は日蓮思想を軸にした教育理論を提唱する論文を発表する程度だった
1930年に前身組織の「創価教育学会」を設立し、「創価教育学体系」を出版した
しかし、1943年に軍国主義に反発し、治安維持法違反及び不敬罪の容疑で逮捕され、翌44年には栄養失調と老衰で獄中死する
他の幹部も逮捕され、創価教育学会は事実上壊滅する

そして戦後、牧口の側近だった戸田が跡を継ぎ、創価教育学会を再建し、創価学会と改名し日蓮正宗の信徒組織としての宗教団体に変貌する
戦後の日本の厭戦ムードが幸いし軍国主義に反対し、獄中死した牧口という存在を利用し信者を増やしていく
そしてこの頃から無理な勧誘・・・というか監禁、脅迫などの行き過ぎた勧誘が発生し始め、世の中から問題教団と受け取られだし始める

54年に学会内に政治部門を設置したが、58年には戸田が死去し、その後池田大作が会長となる
64年には「公明党」を結党するが、強引な勧誘方法が悪評を呼び、マスコミからバッシングが起こり出す
実際に批判本などの流通を妨害し、逆にバッシングが大きくなり、池田は謝罪に追い込まれることになる

それに比べて今やメディアのスポンサー様だからねぇ
いや、むしろこの頃からの経験則からかな?
それにしても受容するメディアもメディアだけどねー


70年代になると大きくなりすぎた創価学会は日蓮正宗に疎んじられるようになる
教団の主導権が奪われるのではないか?という疑念が関係を拗らせ、互いの批判合戦が始まる
そして責任を取る形で池田は会長職を辞任し、名誉会長職に就く←意味不明w

そして91年結果的に創価学会は日蓮正宗から破門されてしまう
そして今日に至るようだ

説明終わり!





ここからが本番!
ネット情報だとここらでカメラをぶら下げて歩いていると声を掛けられたり、
あとを付けられたりとあまり宜しくない噂があるのだ!

ということであえてカメラぶら下げて歩いてみた!

その結果!!


DSC06923_20180909210135d60.jpg



わずか2分後に「何かお探しですか?」と声を掛けられる事態に!
というのも敷地内の各道路の角、関連施設の前とスーツを着た無線を付けた人たちが警備している
多分、信者の方が持ち回りで警備してるんだろう

たいした内容ではないが、簡単だがやり取りのあらましを書いておく

警備員「何かお探しですか?」
俺「いや、ちょっと見学に来ました」
警備員「そうですか」
俺「ちなみに僕は信者じゃないのですが見学してもいいですか?」
警備員「いいですが、施設内は信者の方しか入れませんよ」
俺「あーそうなんですか、じゃあ周囲の写真って撮ってもいいですか?」
と聞いたところ
警備員「いやー、ちょっと写真は・・・ご勘弁ください」
俺「無理ですかねー?」
警備員「ええ、そうですね」
俺「・・・わかりました」

警備員「どちらから来られたのですか?」
俺「名古屋です」
警備員「へーそうですかー」
俺「ここら辺一帯、学会の敷地なんですよね?」
警備員「そうですね」
俺「すごい広いですね」
警備員「はい」

警備員「観光に来られたんですか?」
俺「そうです」
警備員「〇◇■△の方へ行くと“君の名は”に出てくる坂がありますよ」
俺「へーそうなんですか?じゃあ時間があったら行ってみまーす、それじゃあ頑張ってくださーい」

といって周辺ぶらりと回ってきた
まあ約束したんで写真はこれ以上は撮らなかった
ちなみに自分は“君の名は”を見てないのでその坂は見てない・・・というか見ても分かんないからね!

その後、各施設を通りかかるとこちらを見ながら無線でやり取しているのが分る
これが監視社会ってやつですか(*´Д`)?←多分違う

あとついでに書いておくと
本屋に入ってみると池田大作本のコーナーや日蓮上人のコーナーなど普通の書店ではやらないであろうコーナーがあったり、
学会関連のお土産屋などもあったよ
誰かに買っていってやろうかとも思ったけどお金落とすのもなーと思い断念する

それにしても写真撮影が出来ない、施設内の見学が信者しか出来ないってどうなんだろうね?
幸福の科学は見学&撮影オッケーだったのにね!
まあどっちもアレなんだけどさw



DSC06924_20180909210138243.jpg


それにしても新宿にこんな広大な土地を持っているのに税金かからないなんて・・・
そりゃ新興宗教なんて無くならないわけだよね
まあ駐車場とかは課税対象みたいだけどねー

とまあこんな感じでぶらり信濃町の旅を終えたのだった



じゃねー( ´Д`)ノ~





最後に書いておきますが、このレポは特定の団体を批判するものでもなく、支援するものでもありません
日本には信教の自由がありますので、誰がどのような宗教に信心するのも自由です
ですが特定の宗教や団体に入信しようと思ったときは、一度客観的にその選択が本当に正しいのか考えたほうが良いかとは思います


プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login