GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回のつづき!

前回の神止山司令部地下陣地の椰子の木畑を挟んだ対岸に幾つかの地下壕が造られている
といっても一年前の初回探訪時に回っている場所の再訪だ
前回の陣地が戦闘用ならこちらは兵員の居住区、そして神止山連隊司令部ではないだろうか?
あくまで推測ではあるが・・・


DSC09257_convert_20150319220047.jpg


ここには回れなかった箇所がある
そのための再訪でもある
早速中へ


DSC09227_convert_20150309231913.jpg


ある程度は内部の構造を覚えているもんだね
あっさりと目的の場所にたどり着くことが出来た
ここには下層へ降りる穴がある
初回訪問時には便所かと盛大な勘違い(ノ∀`)をしていたがどうやら下層にも坑道が続いているようだ


DSC09229_convert_20150309232113.jpg


ただ降下して脱出口が無かったら・・・と思うと嫌なので
今回は持ち込んだペグ(30cm)をハンマーで壕床に打ち込む

心配だったのは地盤が緩かったらどうしようかな~って思っていたが
壕床5cm程度は砂状でその下が岩盤だったようで安心した
地下壕に傷をつけるようで偲びなかったですが・・・


DSC09233_convert_20150309232242.jpg


とりあえずロープを穴に放り込む
これで安全安心♪
安全第一がモットーですし


DSC09235_convert_20150309232636.jpg


降下してみて気づいたがロープや梯子がなくても昇降出来るように彫り込みが幾つか掘ってあった
これと背中をうまく使えば昇降は出来そうだ
ロープ必要なかったかな~?


DSC09237_convert_20150309233202.jpg


ロープで着地した場所からは階段で降りていく


DSC09238_convert_20150309233347.jpg


階段を降りた所に何やら枠があった
扉でもあったのだろうか?


DSC09240_convert_20150309233719.jpg


木枠はボロボロになっていた
木枠にモルタル吹付けたような感じだ


DSC09243_convert_20150309233907.jpg


扉のあった所を進んでいく


DSC09246_convert_20150309234942.jpg


ここの上層に比べると坑道は狭い
ここの用途って一体何だろう?
銃眼等は一切無かったし
棲息部らしきものも無い


DSC09256_convert_20150310000754.jpg


また枠発見


DSC09252_convert_20150309235304.jpg


更に進んでいくと上部に明かりが!


DSC09253_convert_20150309235654.jpg


脱出口だろうか?

頑張れば出られそうかな?
こっから出る必要もないけど


DSC09254_convert_20150310000210.jpg


ここの脱出口の右側の天井の低い坑道をしゃがんで行くと行き止まりだった
一応これでここは終了のようだ
さあ脱出しよう


DSC09263_convert_20150310002448.jpg


ということで神止山司令部壕これにて終了!
来た道を戻・・・


あっ!しまった!!
そう言えばペグ抜くの忘れてた(´-ω-`)!

どうやらまた八丈島に行く理由ができてしまったようだ



ということで神止山司令部壕レポ終了!!
ここから北側の海岸方面へ向かう



つづく




おまけ動画


[広告] VPS











スポンサーサイト


久々の更新!

最近左手の親指を使うと手首が痛く、なかなか痛みが引かなかったので
病院に行って来たのですが
ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とのことでした

ということでしばらくは旧軍遺構探索は控えようと思います
誰に言ってるわけじゃなく自分に言い聞かせてるだけですけどね
自分の体は大切にしましょうね!

最近、県下で面白そうな場所見つけたところだったのにな・・・残念!
まあ、ネタはまだ残っているのでレポの方はスローペースではありますが更新していきたいと思います


それではレポの方へ
前回の続きです



DSC09179_convert_20150201002940.jpg


神止山司令部壕上層部へ向かう梯子
分かり易いからここから上を上層部ってことにする


DSC09183_convert_20150304223945.jpg


このはしごの存在は知っていたのだが思ったよりも斜めに架かっているw
なんでここにハシゴがあるのかは分からないがたぶん戦後のものだろう


DSC09184_convert_20150311221722.jpg


梯子の脚元の方はまだ大丈夫そうだが上部の方はひび割れていた
いつまでもつのだろうか?


DSC09193_convert_20150304225024.jpg


とりあえず「倒れませんように!」と願いながら梯子を乗り越える


DSC09194_convert_20150305064918.jpg


さあ上層部探索だ!!


DSC09190_convert_20150304224526.jpg


梯子を登って左に行くとすぐに開口部が!
石積み部分が銃座だったのだろうか?


DSC09196_convert_20150309224545.jpg


行き止まりなんで右へ向かう


DSC09198_convert_20150309224722.jpg


少し行くと銃眼発見!!
しかも全面コンクリートの壁になっている!


DSC09199_convert_20150309224859.jpg


銃眼から外部を望む


DSC09202_convert_20150309225135.jpg


更に進んでいく
彫り込みには誰が置いたか木材があった


DSC09203_convert_20150309225250.jpg


細い坑道を進んでいく


DSC09208_convert_20150309225603.jpg


この人一人通れる程度のサイズが地下工場系とは一味違う
明らかに戦闘を意識して造られている


DSC09210_convert_20150309225829.jpg


今でこそ結果論として八丈島では米軍が上陸することなく白兵戦が行われなかったと分かっているが
当時は本当に米軍が上陸すると思っていたことがこの壕・・・というか八丈島の陣地に来ると思い知らされる
仮に米軍が上陸していたらその戦いは硫黄島やマリアナ諸島等と同じく玉砕戦だった
実際、命を賭しての陣地構築だったのだろう
自分がこの島に惹かれるのは今現在にしてその空気を感じることが出来るからなんだろうな・・・
いや、もちろん自分なんかと当時の逼迫した状況と比べるべくもないことですがね!


DSC09212_convert_20150309230037.jpg


そんなこと考えている内に銃眼発見!!
石積みにコンクリートを流し込んでいる?
ホントに攻撃的な陣地だ


DSC09213_convert_20150309230315.jpg


銃眼から外を望む


DSC09223_convert_20150309231022.jpg


更にふらつくとまた開口部発見!


DSC09224_convert_20150316024524.jpg


小さな貯水槽も完備されていた


ということで上層部は一通り回ったようだ


そして初回訪問時にも入壕はしているが
ココからヤシの木畑の対岸にも地下壕があるのだが未潜入だった場所がある
次はそこへ向かうのだった



つづく



おまけ動画
[広告] VPS











プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。