GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



八丈島編続きです


DSC08924_convert_20140517072618.jpg


指令部を目指し防衛道路を進んで行く
道中にはこんなものも・・・?


DSC08929_convert_20140517072743.jpg


残念だが永遠に届くことは無いだろう(´・ω・`)


DSC08934_convert_20140517072831.jpg


防衛道路の簡単な説明を・・・
防衛道路は米軍の艦砲射撃によって
八丈島の海岸線を一周している道路が寸断されてしまう可能性があった
そのため島を縦貫するために造られたのがこの防衛道路だ


DSC08936_convert_20140517073415.jpg


道中こんな石積みも・・・
何時のものかは不明


DSC08940_convert_20140517073620.jpg


そしてこの防衛道路には道中至る所に穴が開いている
地下陣地と偽陣地かな?


DSC08938_convert_20140517073534.jpg


一つ目
なんか浅そうに見えたんで未潜入


DSC08941_convert_20140517073657.jpg


役割を果たしていないカーブミラーが残っていた


DSC08945_convert_20140517084552.jpg


二つ目


DSC08946_convert_20140517084643.jpg


中を覗くと閉塞して見える


DSC08950_convert_20140517085021.jpg


三つ目


DSC08952_convert_20140517085136.jpg


なんか深そうだったんで・・・


DSC08960_convert_20140517085444.jpg


とりあえず潜入してみた
といっても司令部がメインだからあまり時間は掛けられないけど・・・


DSC08969_convert_20140517085655.jpg


まあ、どうせすぐに閉塞してるだろって思ってたら・・・


DSC08973_convert_20140517085908.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC08981_convert_20140517090013.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC08983_convert_20140517090109.jpg


・・・・・・・・・・・・・あれっ?意外と深いΣ(゚д゚lll)!!


DSC08992_convert_20140517090511.jpg


本土だったらこれだけで有名な遺構だっただろうな


DSC09005_convert_20140517095057.jpg


戻ろう


動画
[広告] VPS




DSC09006_convert_20140517095757.jpg


更に防衛道路を行くと・・・


DSC09008_convert_20140517095858.jpg


防衛道路竣工の記念碑が建っていた


DSC09009_convert_20140517095936.jpg


起工昭和19年3月1日
竣工同年8月31日
だそうだ


DSC09013_convert_20140517100021.jpg


四つ目


DSC09016_convert_20140517100116.jpg


ここも深そう


DSC09017_convert_20140517100206.jpg


なんかある!!


DSC09019_convert_20140517100253.jpg


小さめの貯水槽


DSC09023_convert_20140517100414.jpg


脱出する

動画
[広告] VPS




DSC09027_convert_20140517100509.jpg


五つ目


DSC09028_convert_20140517100540.jpg


こんなとこあったっけ?


DSC09030_convert_20140517100716.jpg


ここらになるともう覚えてないし、写真も何故か無いw


DSC09032_convert_20140517100827.jpg


六つ目


DSC09033_convert_20140517100916.jpg


何故かここだけ泥濘が酷かった
そして広めの壕だ
棲息部か?
そして何故かあるストーブw
現在でも棲息部として使用している?

ただ今回、長靴はいらないだろって思って持っていかなかったんで入り口のみ


DSC09034_convert_20140517101021.jpg


これはいくつかのサイトで見た
そろそろか?


DSC09037_convert_20140517101120.jpg


進んでいくと・・・


DSC09040_convert_20140517101237.jpg


またあったw


DSC09039_convert_20140517101200.jpg


と思ったら浅かったw
掘りかけ?


DSC09041_convert_20140517101441.jpg


道路の舗装が無くなってきた(´・ω・`)


DSC09044_convert_20140517101608.jpg


またあったw


DSC09045_convert_20140517101657.jpg


こっちも浅い


DSC09046_convert_20140517101736.jpg


またあった


DSC09047_convert_20140517101818.jpg


なんか疲れてきたw


DSC09052_convert_20140517101934.jpg


ようやく見つけた鉄壁山の石柱発見(*´ω`*)!!
ご丁寧に帰り道の表示がされている


DSC09053_convert_20140517102033.jpg


ということでつづく




スポンサーサイト

ちょっと体調を崩しておりました

まあ思い当たる節は多々あるわけですがw

病院に行きましたがはっきりとしたことは分かりませんでしたが
原因はおそらくマダニだったのかな?と・・・
そういえば着替えたときにコロンッと小さい(2~3mm程度)黒い虫が出てきました
症状的には似た感じですし・・・

先日ちょっとした藪漕ぎをしたときに気付いたら右手首から少し出血がありました
その傷口から血を吸って吐いたわけですが
その後に口をすすぐ事を忘れるという痛恨の凡ミスをしでかしてしまいましたわけで(;´Д`)・・・
その日の夜には口内にでかい口内炎が出来ました

そっからしばらく調子悪かったんですがようやく体調も戻ってきたかな?と・・・
というわけで探索には色々とリスクが伴います
まあ悪いお手本ってことで参考にしていただけたらな・・・っと思いまして
皆様も虫や動物や蛇にはお気をつけ下さい・・・ってやっぱり吸引器いるかな~?



ということで前回の続きです

っとその前に・・・
今回の直射砲台壕ですが危険の多い八丈島の遺構でも特に危険な場所と思われます
探索の際は自己責任でお願いします
まあ、登る人はそんなにいないとは思いますが・・・w


DSC08853_convert_20140510084808.jpg


そんなこんなでレポにいきましょう!
直射砲台壕入って左に進む


DSC08854_convert_20140510084917.jpg


少し広い通路があった
兵員棲息部だろうか?
弾薬庫も兼ねていたかもしれない


DSC08855_convert_20140510085041.jpg


ココを抜けると・・・


DSC08860_convert_20140510085249.jpg


下に降りる通路がある


DSC08864_convert_20140510085439.jpg


書き忘れていましたが、タイトルに恐怖と書いた訳ですが
今回の八丈島探索において某同人誌を参考にさせて頂いた訳だが
それによればこの先に行くと渓谷となる場所がある
かなり危険な場所だとは情報として事前には知っていた訳だが
「まあなんとかなるだろう」
そう思っていた時代が自分にもありましたw(´・ω・`)


DSC08867_convert_20140510085559.jpg


では先に行こう


DSC08868_convert_20140510085745.jpg


なんかコブみたいなものが・・・?


DSC08877_convert_20140510091543.jpg


狭い坑道を進む
身を屈めながら進んでいく


DSC08870_convert_20140510085932.jpg


左側に通路が2本掘られているが・・・


DSC08878_convert_20140510091451.jpg


閉塞している


DSC08871_convert_20140510090102.jpg


もう一本も同様


DSC08872_convert_20140510090232.jpg


その先へ行くとだんだん天井が低くなってくる
何とかしゃがみながら進んでいくと・・・?


DSC08873_convert_20140510090550.jpg


見えてきた!!


DSC08876_convert_20140510232748.jpg


渓谷だ!!

って・・・ナンデスカ?この形状w
予想を遥かに超えてましたよ?
「なんとかなるだろう」って思ってた頃が懐かしいですw
いや、その考えは甘かった・・・
もう俺の10代の頃の考え方よりも甘いw


DSC08883_convert_20140510091817.jpg


壕内でそれはもうゲジのような体勢で登っていく
とても写真を撮ってる余裕なしw
というか岩盤じゃなく土のため水分を含んだところは当然滑るわけで・・・
いや~怖い怖いw
滑って嵌ったら出られなくなりそうだ・・・



DSC08884_convert_20140510092045.jpg


それでも何とか登っていくと中央に水が流れている
水の浸食でこのような形状になったのだろうか?


DSC08885_convert_20140510092158.jpg


それともこの坑道は人捨て穴に続いているらしいから
元々掘られていた穴に直射砲台壕を繋げたのだろうか?


DSC08889_convert_20140510093033.jpg


何とか渓谷部を抜けると足場がちゃんと確保できる場所になった
足場があるってすばらしいw
左手には泉があった


DSC08887_convert_20140510092807.jpg


何でか登りきったことに満足してしまって他に写真撮ってなかったよ?
坑道の行き着いた場所は2.5m程度?の壁(土)があった
若干水も含んでそうな所だったのでこれ以上進むのはやめておいた

そしてその横に小部屋があったのだが
ここに垂直のトンネルがあったらしい
いや・・・入って確認すればよかった
といっても垂直なんで登れるかどうかは不明だけど・・・


DSC08888_convert_20140510092905.jpg


直射砲台壕のどこで撮ったか忘れた写真
ということで戻るわけだが・・・


DSC08886_convert_20140510092635.jpg


ここ戻らなきゃいけないのかよ(;´Д`)・・・

ゆっくり時間を掛けて渓谷部を降り地上に無事戻ってきた
それにしてもすごいとこだった


DSC08881_convert_20140510093144.jpg


直射砲台を出るとすごい強風が襲う!
八丈島はどこも風が強いがココは特にすごい
俺がヅラだったら大変なことになってただろうよ(´・ω・`)?


DSC08892_convert_20140510093330.jpg


さあ大坂隧道を抜けよう


DSC08897_convert_20140510095010.jpg


大坂隧道を抜けるとすぐに防衛道路の表示がある
ここを行けば鉄壁山の独立混成67旅団司令部壕へたどり着けるハズだ!


DSC08902_convert_20140511010324.jpg


少し行くと貯水槽があった


DSC08903_convert_20140510095638.jpg


このような貯水槽は八丈島の至る所で見ることが出来る


DSC08906_convert_20140510105904.jpg


なんかあったけど塞がれていた


DSC08907_convert_20140510112445.jpg


防衛道路に入って少し行くと人捨て穴の看板が見えてくる

ここ八丈島では離島という環境であることからしばしば飢饉に見舞われている
それは本土のものとは比べられないほど酷かったらしい
要するに食料確保のための口減らしだ
そのため口減らしの対象は老婆や老人だけではなかったようだ
そのためここは姥捨て、ではなく人捨て、と呼ばれるんだろう
ここに入った老人は何も口にせずジッと死を待っていたようだ
それはさつまいもが八丈島に伝わるまで続いたらしい


DSC08911_convert_20140510115040.jpg


現代を生きる自分からしたら想像出来ない話だ
結局、誰かのために自分が犠牲になるんだから・・・
なんか特攻隊員と通じるものがあるような気がする・・・


DSC08912_convert_20140510120916.jpg


人捨て穴に向かおうとすると倒木で道が塞がれていた
なんとか乗り越えて振り向くと・・・?


DSC08918_convert_20140510122840.jpg


おぉう・・・(;´Д`)

盛大に崩落している
夏に来た台風の影響だろうか?


DSC08917_convert_20140510123522.jpg


倒木を超えるとすぐに人捨て穴があった
そこには穴があるのだが何故か中に入る気にはならなかった・・・
手だけ合わせてその場を去る


DSC08923_convert_20140510123823.jpg


さあ、司令部へ向かおう





続く





おまけ動画
[広告] VPS



八丈島の続きです


DSC08771_convert_20140423063129.jpg


八重根港を後にし鉄壁山にある旅団司令部を目指そう!
その道中にある大坂隧道の手前に直射砲台が設置されている


DSC08772_convert_20140423063309.jpg


横間道路を通り一路直射砲台を目指すわけだがここからの眺めはすばらしい!


DSC08774_convert_20140423063458.jpg


遠くの八丈小富士がなんか幻想的な感じ
なぜかひょっこりひょうたん島を連想した


DSC08783_convert_20140425215618.jpg


道中の横間洞門


DSC08785_convert_20140425215838.jpg


そこを抜ければ・・・


DSC08787_convert_20140425220037.jpg


峠を越える橋


DSC08791_convert_20140425221300.jpg


逢坂橋というらしい


DSC08796_convert_20140425221359.jpg


ここらでこの直射砲台の簡単な説明を・・・


ここは米軍の予想上陸地点である八重根を狙ったものだ

ここには藤井正木隊の九六式一五糎榴弾砲が4門配置された
ちなみに三原山には藤井小松隊が4門配置している


DSC08801_convert_20140425221826.jpg


ここが直射砲台と呼ばれる所以はその射撃法からくるものだろう

基本的に榴弾砲の弾道は山なりのため観測所を必要としてきた
しかしそれは砲台から敵が見えない位置にあるため観測所からの指示を必要とした
これが間接射撃という


DSC08802_convert_20140425221938.jpg


それと違って直接敵を狙うことが出来るのが直接照準射撃だ
そのためここは直射砲台と呼ばれるのだろうと思う


DSC08808_convert_20140426014856.jpg



・・・たぶんねw

まあ説明はそのぐらいにして実はここでミスったことがある


DSC08800_convert_20140425221611.jpg


実はここの横の山肌には旧道の峠道があるのだが・・・



DSC088121_convert_20140426015104.jpg


なんで俺ココ通らなかったんだろう・・・orz
なんかあったかもしれないじゃないか~

・・・猛省してますw


DSC08813_convert_20140426015239.jpg


下を覗いたら道がある


DSC08816_convert_20140426015414.jpg


大坂隧道まで来たら記念碑が建っていた


DSC08821_convert_20140426053801.jpg


大坂隧道
明治38年起工
同40年竣工
昭和41~43年に改修されている


そして少し戻ると・・・


DSC08820_convert_20140426015703.jpg


大坂隧道の手前にあるここが・・・


DSC08823_convert_20140426053845.jpg


直射砲台だ(*´∀`*)!!


DSC08824_convert_20140426053917.jpg


砲室はかなり綺麗なコンクリートアーチとなっている
下にあるコンクリートが砲床だろう


DSC08831_convert_20140506014636.jpg


ところどころ木片が埋め込まれている
木筋コンクリート?


DSC08827_convert_20140426054254.jpg


砲室入って左横には小さな部屋が作られていた
小さくて入れそうに無い


DSC08826_convert_20140426054140.jpg


では内部へ行こう


DSC08835_convert_20140506015803.jpg


内部は完全土掘りとなっている
なんかタチソを思い出す


DSC08836_convert_20140506015945.jpg


入ってすぐ左側に横坑が掘られていた
こちらは後にしてまずは真っ直ぐ進む


DSC08838_convert_20140506020431.jpg


なんというか・・・


DSC08843_convert_20140506212140.jpg


ここ入ってしばらく湿度がすごい!


DSC08844_convert_20140506212259.jpg


でも何故か奥へ行くと湿度も落ち着いてくる


DSC08846_convert_20140506212359.jpg


だが奥は閉塞していた
この奥にも砲室があったのかな?


ということで途中にあった横坑へ向かう




続く



おまけ
[広告] VPS

プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。