GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富岡製糸場

Category: 産業遺産・群馬   Tags: ---

なんか富岡製糸場が世界遺産に勧告されたそうな
何はともあれおめでとう!!
平成26年6月の世界遺産委員会で正式に決まるらしい
このまますんなり行ってくれることを祈ってます


で、ここ「そういや行ったな~」って思ったんで
八丈島編途中だけどちょっと挟んでおこうと思う


いやしかし、とうとう群馬県に世界遺産ですかw
ネタ県だっただけにチョイ残念・・・?
いやそこは変わらんかw


DSC024941_convert_20140428053546.jpg


早速中へ入る
ちなみに有料
いくらかは忘れた


DSC024951_convert_20140428053745.jpg


入ってすぐ東繭倉庫がある


DSC02512_convert_20140427161347.jpg


煉瓦建屋だがなぜかあまり重厚な感じは無い
というか結構見学者が多い
まあ今後はもっと増えるだろうが


DSC02497_convert_20140428053908.jpg


裏側


DSC02500_convert_20140427160800.jpg


二階からコンベアが降りてきている


DSC02502_convert_20140428061834.jpg


ここが何だったか忘れた
残念なことに先日の大雪で倒壊してしまったらしい


DSC02506_convert_20140428061738.jpg


人がいっぱいだ(´・ω・`)



DSC02503_convert_20140427161002.jpg


西繭倉庫があるが近づけない


DSC02504_convert_20140428061913.jpg


煙突がある


DSC02505_convert_20140428061954.jpg


1939年に建造されたらしい


DSC02516_convert_20140427161546.jpg


ここでちょっと簡単な説明を・・・
富岡製糸場は1872年(明治5年)に官営模範工場の一つとして操業を開始した
1893年(明治26年)には三井家に払い下げられ、官営から民営となる
1902年(明治35年)原合名会社に譲渡された
1938年(昭和13年)株式会社富岡製糸所として独立
1939年(昭和14年)片倉製糸紡績会社に合併される
1987年(昭和62年)に操業を停止


DSC02519_convert_20140428062107.jpg


製糸場の女工というと『女工哀史』という過酷な労働現場というイメージがあるが・・・

官営時代のここの労働環境は充実していた。6勤1休で1日8時間程度の労働
年末年始と夏期の10日ずつ休暇で、食費・寮費などは製糸場持ちだったようです。


DSC02520_convert_20140427161655.jpg


気になるお給料(年間)は
一等工女 25円 二等工女 18円 三等工女 12円 等外工女 9円
それとは別に作業服代として、夏冬5円支給される。

ちなみに当時は100円で家が建った時代


DSC02524_convert_20140427161800.jpg


民営となると労働時間が長くされ夏の実働時間は約12時間、冬は約9時間となっていた
確かに現代と比べれば過酷なようにも思えるが
当時の日本は富国強兵の真っ只中だ
その中でこの待遇はかなり恵まれているといえる

当時の他の工場の労働時間は当時短ければ12~13時間、長ければ17~18時間程になっている
休憩や食事時間も十分に取れない過酷な労働現場だった


DSC02528_convert_20140427161900.jpg


まあ、当時の工場は製糸、紡績、織物が圧倒的に多く
次いで坑夫となる
と言っても明治初期の約80%は農民だった
全労働者の約30%が工場で働く労働者となったのは大正14年になる
年間の労働時間の推移(資料・社会実情データ図録)

まあ、坑夫や戦時中の地下工場勤務に比べればかなりマシと言えるだろう


DSC02526_convert_20140427211756.jpg


ちなみに大東亜戦争当時富岡製糸場は落下傘(パラシュート)の生糸を製造していた


DSC02534_convert_20140427212034.jpg


1941年に蚕糸業統制法の施行により富岡製糸場は生産が統制されるようになる
これにより片倉紡績は軍需産業へ転換していく


DSC02535_convert_20140427212158.jpg


9箇所の事業所を軍需産業に売却し、15箇所を軍需産業とし落下傘や絹歯車や油性パッキンの製造を行った
1943年(昭和18年)には片倉工業と社名を変えている


DSC02540_convert_20140428054312.jpg


戦後、片倉工業はGHQにより解体されるがすぐに事業を展開し、生糸生産を開始し
その他自動車部品の製造なども行うようになる


DSC02542_convert_20140428050539.jpg


で富岡製糸場だが幸い空襲に合うことなくそのままの姿で戦後を迎えた
終戦後しばらくして朝鮮戦争が勃発
これにより一時期活気を取り戻したが、その後和服の需要が減り
1972年(昭和47年)日中国交正常化により中国産の廉価な生糸が輸入されるようになり
富岡製糸場の生産量は減少していき1987年(昭和62年)に操業を停止した


DSC02546_convert_20140428051501.jpg
ここの排水溝は煉瓦造りらしい


片倉工業がすごいのは富岡製糸場が閉鎖されたにも関わらず、その後維持管理を担ったことだ
年間1億以上も掛かったらしい
「売らない、貸さない、壊さない」
この三原則を守り続けていた
こうして富岡製糸場は2005年(平成17年)9月30日に富岡市に寄贈されるまで
良好な状態で今現在も現存している
こうして世界遺産に登録されることを迎えられるのは片倉工業の功績だろう

個人的にはこの片倉工業の功績も伝えていって欲しいな・・・っと思う今日この頃なわけです(*´ω`*)はい



まあ何はともあれ、世界遺産登録ほぼ確定おめでとう!!





スポンサーサイト


八丈島編続きです
米軍の第一予想上陸地点の八重根を見て来た
底土港が利用できないときに使用される場所だ


DSC09777_convert_20140421053524.jpg


しかしこんな溶岩石だらけのとこが上陸予想地点とは・・・
まあ米軍が上陸することはなかった訳だが、実際にここから上陸するのは至難の業だったろう


DSC09775_convert_20140421053405.jpg


と言っても他は断崖絶壁だからなぁ・・・
そう考えると消去法でココだと考えたのかな?


DSC09779_convert_20140421060725.jpg


海岸には溶岩石がごろごろしている


DSC09781_convert_20140421061102.jpg


遠くに逢坂橋が見える
あそこには恐怖の直射砲台(通称)がある


DSC09780_convert_20140422052101.jpg


八丈小島が見える
あそこも行ってみたいな・・・


DSC09784_convert_20140421061241.jpg


下に降りられるように整備されているが・・・


DSC09788_convert_20140421060937.jpg


手すりはひしゃげている箇所も・・・


DSC09802_convert_20140421061847.jpg


海水による侵食だろう穴があった


DSC09803_convert_20140421061942.jpg


それにしても黒い石だ(´・ω・`)


DSC09806_convert_20140421062433.jpg


なんかあった



DSC09805_convert_20140421062039.jpg


平常時でこんなに荒いのに台風が来たときにはどうなってしまうんだろう・・・


DSC09772_convert_20140421053129.jpg


八重根漁港に来た
青ヶ島へ行く場合ヘリか、ココから船で行くことが出来る


DSC09774_convert_20140421053246.jpg


ここは今度八丈島に来た時の探索候補地でもある


なんとなくここらを適当にふらついてみる
本当にのどかだ・・・
こうして付近の山を見てみれば・・・


DSC09807_convert_20140422051409.jpg


・・・・・・・・・・・・・


DSC09808_convert_20140421062533.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC09809_convert_20140421062736.jpg



・・・・・・・・・ここも再訪時には探索したい(;´Д`)


DSC09548_convert_20140421063241.jpg


社会福祉法人養和会で怪しいコンクリート建屋を見かけた


DSC09549_convert_20140421063335.jpg


戦跡かどうかは不明
・・・いやさすがに違うか・・・?





DSC08769_convert_20140422230025.jpg



ということでメインへ向かおう




つづく





資料館からふるさと村へなんとなく向かってみた
八丈島の昔の暮らしを知ることの出来る場所だ
合掌造りみたいなものだろうか?
一般的なの観光名所でもある(あまり人は来ないらしいが・・・)
ちなみに無料

道中の馬路には玉石垣が並ぶ


DSC08764_convert_20140415063256.jpg


ここ大里は八丈島の陣屋跡地になる
ようするに八丈島の中心地だった
そのためかここらは玉石垣の家が多い


DSC08765_convert_20140415063355.jpg


流人が糧を得るため一個ずつ運んだらしい


DSC09760_convert_20140415063803.jpg


道中怪しげなコンクリート建屋(たぶん廃屋)が・・・


DSC09761_convert_20140415063857.jpg


なぜか古そうなコンクリートの建物見ると穿った見方をしてしまう今日この頃ですw
もう一個怪しいコンクリ建屋を見つけたがそいつは次回にでも~♪


DSC09718_convert_20140415235832.jpg


程なくするとふるさと村に到着(*´∀`*)!!
とりあえずけった(←名古屋弁で自転車)を置くのに駐車場へ向かう


DSC09719_convert_20140416000308.jpg


駐車場に行くと馬路・散策路の案内板があった


そしてけった置こうと駐車場に行ったら
そいつは否が応にも目に入ってきたよ・・・


DSC09720_convert_20140416000538.jpg


なんでやねん(´・ω・`)


DSC09724_convert_20140416000715.jpg


覗いてみればゴミだらけ
そしてごく浅いものだった


DSC09726_convert_20140416001020.jpg


もう一個あったが・・・


DSC09725_convert_20140416000822.jpg


こちらも同じく
防空壕だろうか?


DSC09729_convert_20140416001515.jpg


ということでふるさと村へ向かおう


DSC09731_convert_20140416003229.jpg


マヤ(牛小屋)


DSC09734_convert_20140416003808.jpg


閑所(トイレ)


DSC09733_convert_20140416003704.jpg


そこの穴を跨ぐらしい


DSC09732_convert_20140416003349.jpg


説明版


DSC09739_convert_20140416004814.jpg


奥のほうへ行くとかまどが置いてあった


DSC09741_convert_20140416045650.jpg


蓋付き


DSC09737_convert_20140416004530.jpg


ちょっと山肌沿いに歩いていくと・・・


DSC09738_convert_20140416004628.jpg


また穴があったが何故に亀が・・・?

なんかこの辺りで催したくなってきちゃった
探したらトイレが奥にあったから
そこで用を足そうと思ったらそいつは再び目に入ってきた・・・?



DSC09743_convert_20140416054443.jpg


なんでやねん(´・ω・`)


DSC09744_convert_20140417235115.jpg


中に入ってみる
なんか丸い


DSC09748_convert_20140418000533.jpg


奥のほうは結構崩落していた


DSC09749_convert_20140418001300.jpg


何これ(´・ω・`)?


DSC09750_convert_20140418001407.jpg


そして景色が赤くなる・・・ってこんなとこあったっけ?
最近物覚えが悪くなってるなー(´-ω-`)


DSC09754_convert_20140418001654.jpg


道を曲がると・・・


DSC09756_convert_20140418002008.jpg


茶碗とフライパンと急須が落ちてた


DSC09755_convert_20140418001848.jpg


そしてあっという間に出口
出た先はなんか民家の方に出た気がするんでこれ以上の探索はやめた
もしかするとこの先にも有ったのかもしれない
かなり記憶があいまいだが、たしかコの字型の小壕だったと思う


DSC09759_convert_20140418002104.jpg


ということでふるさと村をあとにする
ここは小さい壕だったんで、当初揚げるかどうか迷ったけど一応レポにした

ただ一点心残りが出来てしまった!

先日某同人誌の八丈島探索本の第二弾を購入したんですが
そこにこんな一文がある・・・


“「ふるさとの里」の裏山と、樫立方面に向かう途中の為朝の墓の手前にある道路をひたすら登って行った先とを繋ぐ4層構造の大規模な壕が存在していたそうですが現在は恐らく埋没、或いは埋め立てられて現存はしてないそうです”


えー・・・行く前に知りたかったぜよ(´・ω・`)?
知ってたら確認しに行ったのに・・・
宿題増えちゃった(*´ω`*)


ということで穴の展示?も有り無料の太っ腹なふるさと村でした



八丈島編はまだつづく・・・






八丈島続きです~♪


DSC09599_convert_20140405093104.jpg


歴史民俗資料館付近にて壕口を発見!!
だが中途半端な柵がある!?


DSC09605_convert_20140409233922.jpg


ということで・・・


DSC09606_convert_20140409234140.jpg


入り易そうな所から突入する


DSC09609_convert_20140409234334.jpg


中に入るといきなり瓶やらが産卵していた
地下壕ではありがちな光景は八丈島でも同じだった


DSC09610_convert_20140409234546.jpg


とりあえず適当に周ってみる


DSC09615_convert_20140410000423.jpg


開口部発見


DSC09616_convert_20140410000644.jpg


細い鉄棒で塞がれていた


DSC09617_convert_20140410000753.jpg


再び内部の方へ


DSC09613_convert_20140410000329.jpg


棲息部だろうか?


DSC09618_convert_20140410000922.jpg


ちなみにこの壕だが場所から考えて特設警備第五大隊第三中隊のものじゃないだろうか?
陣地かどうかは分からないが・・・
銃眼らしきものも無いし・・・地下倉庫かもしれない
詳細は分からない 


DSC09619_convert_20140410063552.jpg


倉庫?


DSC09622_convert_20140410063640.jpg


適当に進む


DSC09623_convert_20140412062610.jpg


倉庫?


DSC09624_convert_20140412062801.jpg


ふらふらしてると・・・


DSC09634_convert_20140412063252.jpg


えらい狭い坑道が!
身を縮めながら行くと・・・?


DSC09635_convert_20140412063337.jpg


閉塞していた
・・・っていうかここだけ湿度高い!!


DSC09637_convert_20140412063525.jpg


とりあえず一回りしたんで出口に向かう


DSC09633_convert_20140412063136.jpg


外へ出よう


DSC09640_convert_20140412070510.jpg


ついでに馬路のもうチョイ先のほうへも行ってみた


DSC09642_convert_20140412071844.jpg


DSC09643_convert_20140412071938.jpg


たぶん壕口だと思うが入れそうな場所は無かった


DSC09645_convert_20140412072331.jpg


下の谷にも降りてみた
怪しい窪みが・・・


DSC09647_convert_20140412072615.jpg


何か有りそうな感じではあるが・・・特に発見は無かった
ここも写真じゃ壕っぽいが人の入れる大きさではない


DSC09649_convert_20140412072715.jpg


戦跡探してるとよく見かけるヤツぐらいしか見つからなかった




この後ふるさとの里へ向かうのだった・・・



八丈島編はまだ続く・・・




おまけ動画
[広告] VPS




八丈島編続きです


DSC09655_convert_20140403062455.jpg


なんとなく八丈歴史民族資料館(有料、いくらだったか忘れた)へ行ってみた
予想はしていたが例のごとく戦跡の情報は皆無だった(怪しい本棚はあったが・・・)
・・・というか戦時中の情報はすっぽり抜けてしまっている感じだ
ちょっとぐらい何らかの情報があってもいいと思うが・・・?


DSC09702_convert_20140403062940.jpg


中は学校のようなつくりの木造建築
ここは元々は東京都八丈支庁庁舎だった(現在は護身山付近に移転)


DSC09656_convert_20140403062829.jpg


中に入ると海亀がお出迎え


DSC09668_convert_20140403063244.jpg


DSC09669_convert_20140403063428.jpg


縄文時代には既に人が住んでいたようだ・・・ってこんな船で渡るってすごいな!


DSC09674_convert_20140405075646.jpg


八丈島の昔の民家の風景


DSC09676_convert_20140405063501.jpg


消火器完備


DSC09685_convert_20140405074848.jpg




外に出てみた
たぶんここが庁舎の時は入り口だったんだと思う
八丈支庁時代の看板も残っていた


DSC09686_convert_20140405074922.jpg


戦時中は特設警備第五大隊の第三中隊が駐屯していたと『八丈島の戦史』という本に書かれている
ついでに言うと本部は「中之郷村役場」(たぶん現八丈町役場 中之郷出張所?)
第一中隊は中之郷「福田ガーデン」(現ガーデン荘?代表者が福田さん)
第二中隊は三根「かぬこう」(神湊港?)
と配備されたそうだ
ちなみに今回中之郷には行っていないので現地の確認はしていない
あくまで推測です


DSC09684_convert_20140405074723.jpg


どうやら入り口に産後が埋め込まれているらしい


DSC09687_convert_20140405075318.jpg


・・・・・・よくわからん(´・ω・`)


DSC09688_convert_20140405075439.jpg


再び中へ戻る
宇喜多秀家の肖像画が展示してあった
八丈島に流された流人第1号のお方だ
流刑についての資料が数多く展示されていた


DSC09690_convert_20140405075803.jpg


機織り機が置いてあった


DSC09691_convert_20140405075934.jpg


八丈島の名産でもある絹織物「黄八丈」
八丈島の名前の由来となったといわれている


DSC09692_convert_20140405080029.jpg


八丈島では黄八丈の織物の体験も出来るらしい
場所は・・・八丈島のどこかw


DSC09703_convert_20140405080445.jpg


外へ出ると謎のコンクリート建屋があった


DSC09710_convert_20140405080641.jpg


高倉もあった


DSC09705_convert_20140405080713.jpg


説明版


DSC09708_convert_20140405080809.jpg


そして何故か廃船が・・・


DSC09709_convert_20140405081212.jpg


何故か錨も・・・?


DSC09707_convert_20140405081939.jpg


昭和4年の昭和天皇の行幸啓を記念して立てられた行幸記念碑が建てられていた
更に昭和天皇・皇后両陛下は、昭和57年に再び八丈島を行幸啓されている


DSC09711_convert_20140405081335.jpg


駐車場横には庁舎時代の門柱が残っていた


DSC09716_convert_20140405082331.jpg


やはり想像はしていたが戦争関連の情報は無かったのは残念だ
実際に戦場とはならなかったからだろうか?
史実は史実として公開すべきだと思うが・・・?
こんなに穴だらけなのに・・・ってまあいいか(´・ω・`)
歴史民族資料館を出て周辺を探索してみる
民族資料館を少し西へ行くと・・・


DSC09566_convert_20140405082439.jpg


完全に壕口が塞がれていた
まあ大通りだしね・・・
中からは水の流れる音が聞こえる


DSC09567_convert_20140405082546.jpg


おそらく米軍が八重根から上陸した時の為に造られた陣地だろうと思われる


そして向かいの山を見てみる


DSC09765_convert_20140405093224.jpg


資料館西の交差点から下っていく道を行くと・・・


DSC09764_convert_20140405093432.jpg


また塞がれた壕口を発見した


DSC09766_convert_20140405093313.jpg


隙間からカメラで何とか撮影してみると・・・


DSC09769_convert_20140405093519.jpg


なんか坑道が下へ向かってる?
神止山を思い起こす造りだ
ロープらしきモノも・・・?



DSC09568_convert_20140405082710.jpg


更に交差点付近を探索してみると・・・


DSC09569_convert_20140405082800.jpg


でかい開口部がヾ(*´∀`*)ノ!!


DSC09570_convert_20140405082847.jpg


重機関銃用だろうか?
手の届く高さだったんで登ろうと思い岩盤に手を掛けるとちょっとした衝撃でボロボロ岩が崩れる
かなり崩落が進んでいる場所のようだ
登る場所を間違えると大怪我必死!!
それほどの高さでない場所だがかなり苦労して登ってみると内部は崩落していた
だが下へ降りるように見えた造りだったように見えるため更に坑道は続いていたと思う


DSC09571_convert_20140405083053.jpg


外に戻りなんとなく上を見上げてみると・・・


DSC09572_convert_20140405083901.jpg


似たような開口部が・・・!!
だがさすがに登れそうに無いや(;´Д`)



DSC09575_convert_20140405084104.jpg


山の上から入れそうな場所が無いかと思い
山の反対側から登ってみる


DSC09581_convert_20140405085427.jpg


穴は見つけることが出来なかったが変わりに銃眼?らしきものが・・・


DSC09582_convert_20140405085529.jpg


近づいてみる


DSC09586_convert_20140405092638.jpg


下は断崖絶壁
観測用だろうか?

この後少しだけ探索したが下に降りる穴は見つからなかった
まあ、あまりしっかり調べたわけじゃないんでもしかしたら何かあるかも?



DSC09592_convert_20140405092849.jpg


今度は民族資料館横の馬路へ行ってみる


DSC09596_convert_20140405092946.jpg


資料館裏にはまたしても謎の建造物!!

そして歩いて程なくすると・・・?






DSC09599_convert_20140405093104.jpg



壕口発見(*´ω`*)!!
早速潜入!!




ということで内部は次回~♪



プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。