GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




背中を痛めました・・・(´;ω;`)

お盆に痛めてからなかなか治らず・・・

しばらくはおとなしくしておきます・・・orz

そんなに無理はしてないんだけどなぁ・・・

自分が思うよりも身体ってナイーブなもんですねぇ





とそこら辺は置いとくとして・・・


旧磨洞温泉壕を発見した前回の続きです


一部画像修正してますが気にしないで下さいw
ちなみにここの突入はお勧めしません
他の物件もですが・・・w


それではレポ開始~♪


DSC08656_convert_20130817212313.jpg


後日突入してきました(´・ω・`)


DSC08721_convert_20130818024829.jpg


非常口から突入する


DSC08662_convert_20130817212607.jpg


内部には蛍光灯やらがぶら下がってる

少し行くと・・・


DSC08918_convert_20130827001013.jpg


電話が置いてあった
受話器は外したまま・・・
ここはフロントかな?


DSC08916_convert_20130827000923.jpg


下を見ると木片が沈没している


DSC08850_convert_20130818025052.jpg


中にはこんな枠も・・・なんだろ?


DSC08669_convert_20130817212728.jpg


とりあえず適当に入って右側へ行ってみる


DSC08670_convert_20130817212814.jpg


なにこれ(´・ω・`)?
支保工?


DSC08675_convert_20130818023946.jpg


奥の方は崩れていた

つ~かうまく写真取れない・・・


DSC08678_convert_20130817212924.jpg


横には意味不明な柵が・・・


DSC08680_convert_20130818023346.jpg


コンセント指しっぱなし


DSC08683_convert_20130818023644.jpg


部分的にコンクリの剥れた箇所も


DSC08912_convert_20130827000018.jpg


なんか凄いトコだな(´・ω・`)


DSC08914_convert_20130827000117.jpg


この状態で営業してた時代があったのか・・・
ここ閉鎖前に来てみたかったw


DSC08915_convert_20130827000711.jpg


こんな廃墟?日本じゃココぐらいじゃなかろか?


DSC08695_convert_20130818024329.jpg


シュールな光景w


DSC08853_convert_20130818025305.jpg


続いて左側へ行く
こっちは素掘り
そしておそらく座敷だったあたりへ突入する


DSC08902_convert_20130826235833.jpg


真っ直ぐ進んでいくと三方向に分かれた分岐点があった
進行方向に向かって右側(山中に向かう)座敷だった場所っぽいトコがあったがそこは後にする

その反対の左側(山肌に向かう)の方は通れそうな隙間じゃないね(´・ω・`)



DSC08905_convert_20130826235922.jpg


上を見ると碍子が・・・


DSC08855_convert_20130825072007.jpg


真っ直ぐ(山肌沿い?)に進んでいくと・・・


DSC08875_convert_20130825083919.jpg


大崩落していた


DSC08876_convert_20130825085143.jpg


でもなんか隙間がありそうな・・・
行きたかったんだけど○覆しそうなんでやめた
杖かなんか持って来ればよかった・・・orz


DSC08860_convert_20130825072145.jpg


でもその反対側には陸地が・・・


DSC08865_convert_20130825072352.jpg


なんか立ってる(´・ω・`)?


DSC08897_convert_20130826234607.jpg


今度は先ほどの座敷だっただろう場所へ突入する


DSC08901_convert_20130826235551.jpg


内部は崩落した部分も・・・


DSC08879_convert_20130825100811.jpg


ここにも配線が


DSC08881_convert_20130825101046.jpg


なんか見つけた(´・ω・`)


DSC08703_convert_20130824070837.jpg


サーチライト?
営業時のものかな?


DSC08704_convert_20130824071030.jpg


上の方を見ると碍子跡があった


DSC08899_convert_20130826234748.jpg


裸電球がぶら下がってる(´・ω・`)・・・


DSC08900_convert_20130826235454.jpg


こっちは水没
奥は行き止まりだったので少し座敷だったろう場所を周る


DSC08885_convert_20130826234143.jpg


なんか板が貼り付けられていた
・・・でなんとなくふらついていると・・・


DSC08882_convert_20130825174702.jpg


何か壁に穴開いてるΣ(゚д゚lll)!!
まさかのNEXT STAGE!?


DSC08892_convert_20130826234426.jpg


う~ん・・・上る対策がいるかなぁ・・・
さすが一筋縄ではいかない・・・
ちょっとした穴かもだけど・・・


DSC08926_convert_20130827001303.jpg


という事で無事帰還~


いつになるか分かんないけどあの穴には入りたい!!



ということで現時点ではここまで

続きはまた行った時に書きます



ああ・・・ちなみにここ、米軍の作成したマップとは違うような感じです
まあ自分の見方が悪いだけかもですが・・・





それでは





おまけ その1
付近にあった小さな廃工場?
DSC08927_convert_20130827001345.jpg

DSC08930_convert_20130827001557.jpg

DSC08935_convert_20130827001749.jpg

DSC08936_convert_20130827002240.jpg

DSC08938_convert_20130827002423.jpg



おまけ その2
旧磨洞温泉壕動画
[広告] VPS

スポンサーサイト


前回の続き!



DSC07629_convert_20130817034721.jpg


違う場所を今度は探索する


DSC06869_convert_20130810063217.jpg


なんか廃車を見つけた


DSC06870_convert_20130810063335.jpg


公道で走っていたら怖いね


DSC06871_convert_20130810063520.jpg


奥に行くと水瓶が・・・写真じゃ分かりづらいけど結構デカイ


その向こう側へ行くと・・・


DSC07539_convert_20130810063841.jpg


二連の斜坑を見つけた(´・ω・`)!!


DSC07541_convert_20130817034453.jpg


斜坑・・・と言うより竪抗に近い
という事でロープ使って入ってみた

結果・・・一番最初に入った坑道だった・・・orz
というかここまで坑道が続いているなんて・・・
どんだけ広いんだよw

ついでなんで少し周ってみた


DSC07577_convert_20130817020655.jpg

DSC07578_convert_20130817020755.jpg

DSC07584_convert_20130817021000.jpg

DSC07626_convert_20130817021216.jpg

DSC07627_convert_20130817021317.jpg

DSC07618_convert_20130817021128.jpg
 

ここは戴いた情報によればMAPとは合わないとのこと
でもこうして見てみると全く関係ないとはあんまり思えないんだよな~
埋め戻しされた坑口見てると怪しそうなのがチラホラあるし・・・
一部分コンクリートが打たれてるし・・・
それに米軍の作成MAPにも疑問点あるし・・・



まあ、そこら辺は置いといて場所を変えて探索を続ける 


前から気になっていた場所がある
田んぼの付近にあったコンクリート・・・
気にはなっていたのだが地下壕とは関係ないと思っていたのでスルーしていたのだ


ということで近づいてみると・・・


DSC08494_convert_20130817021433.jpg


なんか不自然な・・・


DSC08495_convert_20130817021538.jpg


中は木の支柱?で支えられていた


見ていてもよく分からないんで次に行く




この後山の中を探索したが新たな発見は無かった・・・
そろそろ引き上げるかー・・・と思ったその時!!



DSC07528_convert_20130811114137.jpg


ん?何あれ(´・ω・`)?
コンクリート?




近づいてみると・・・


DSC07529_convert_20130811114530.jpg


ああぁあ!!Σ(゚д゚lll)!!


DSC07530_convert_20130817010555.jpg


こ・・・これは・・・!!


DSC07531_convert_20130817015200.jpg

DSC07532_convert_20130817015250.jpg

DSC07537_convert_20130817020046.jpg

DSC07538_convert_20130817080747.jpg


とうとう見つけた!!
旧磨洞温泉壕(`・ω・´)!!




というか何度も通ってたのに・・・全く気付かなかったよ!!



でも・・・内部は完全に水没・・・
なんで外へ




DSC08646_convert_20130811114719.jpg




付近にはもう一つ入り口があった



DSC08647_convert_20130811114808.jpg


こちらも同じく水没・・・



ちなみになんで地下って水没した部分が多いかというと、戦争当時の日本は物資の不足に悩まされたのはご存知だとは思うが他にも足りないモノがあった

それは経験のある地質学者である


当時は適当な地質学者が不足していた
そのため工場を地勢図で判断して不適切な場所に作ってしまった
そのせいで支柱の必要数が予想外に多くなったり、地すべりが生じたり、トンネル内の水や湿気に悩まされたようです



とまあ説明はそのぐらいにして外へ出る



外は日が暮れかかっていた


DSC08723_convert_20130817081333.jpg


この日の探索はこれにて終了・・・


ということで・・・


DSC07534_convert_20130817015403.jpg




次回へ続く



おまけ
DSC07527_convert_20130811114058.jpg


探索した山とは違う場所にてこんなの見つけた


DSC07526_convert_20130817014613.jpg


境界柱?
明治初期の廃藩置県で三重県と度会県の境界がここら辺だったみたい(三重県史に記述)
まあ、すぐに度会県は三重県と合併したようですが・・・(記憶違いだったらごめんなさいw)
もしかするとこいつがキーポイントかも?









前回のレポで書いたとおり旧磨洞温泉を探してみた





前回のレポはこちら→津市地下軍需工場跡 vol.7 情報まとめ


DSC06820_convert_20130808042306.jpg


ということで探索開始~♪


DSC07520_convert_20130811113434.jpg


山の中へ入ってみること2時間ほど・・・


DSC07516_convert_20130811113548.jpg


井戸らしきモノ発見・・・


DSC06822_convert_20130808044502.jpg


奥の方へ行ってみると・・・


DSC06824_convert_20130808051139.jpg


コンクリ巻き坑口発見(;・∀・)!!


DSC06825_convert_20130808051231.jpg


降りてみる


DSC06827_convert_20130808051903.jpg


斜坑横には排水溝が掘られているが奥行きはない
だが・・・


DSC06828_convert_20130808052036.jpg


何?この穴(´・ω・`)?


DSC06829_convert_20130808052118.jpg


覗いてみると坑道が拡がってる?


DSC06830_convert_20130808052219.jpg


自然に崩落したようには見えない・・・人工的に開けたのか?
ショートカット?

いずれにしても何もなしに降りられそうにない



DSC06831_convert_20130811223804.jpg


上を見上げれば縦抗が・・・
辺りを探索してみた時に見つけたのがこれ


DSC06845_convert_20130808060847.jpg


コンクリート縦抗・・・


DSC06847_convert_20130808060924.jpg


覗いてみると・・・


DSC06848_convert_20130808061004.jpg


深い!!
底が見えない!!

見てると吸い込まれるそうな感じ・・・

何のための穴だろう・・・?


DSC06841_convert_20130808060427.jpg


ここらは陥没や地すべりが起こっているようだ


DSC06837_convert_20130808053028.jpg


そんな中でも穴を見つけて突入するが・・・


DSC06842_convert_20130808060518.jpg


中は掘りかけで終わっている
試掘跡だろうか?


DSC07492_convert_20130811105436.jpg


今度は別の方へ行くとでかい穴発見!!


DSC07495_convert_20130811112042.jpg


斜坑には籠が散乱している


DSC07497_convert_20130811112134.jpg


とりあえず降りてみる


DSC07505_convert_20130811112514.jpg


坑道は拡がっているみたいだが水没している


DSC07508_convert_20130811112654.jpg


自転車が棄てられている・・・
ここはウェーダーがあれば行けるかな?

だがとりあえずは旧磨洞温泉を探すことを優先するのでここはいずれということで・・・
違う場所へ・・・


DSC07509_convert_20130811112954.jpg


辺りにはもう一つ坑口を発見する


DSC07511_convert_20130811113126.jpg


ここは天井まで水没していた


DSC07457_convert_20130810064409.jpg


今度は違う場所を探索してみる
とういかこの場所前回レポの軌条の敷かれた写真の風景に似ている気がするのだが・・・どうだろう?


DSC07460_convert_20130810064613.jpg


奥の方へ行き藪の中へ


DSC07472_convert_20130811102834.jpg


何かある・・・?


DSC07467_convert_20130811102246.jpg


坑口を発見するが水没した上竹が突っ込まれている


DSC07469_convert_20130811102437.jpg


とても入れそうも無い
ということで辺りを探索してみるが・・・同じ状態の穴をもう一つ発見しただけだった・・・


DSC07475_convert_20130811103453.jpg


今度は反対側の山から突入する


DSC07477_convert_20130811104051.jpg


辺りは平地が広がっている


DSC07482_convert_20130811104239.jpg


動物の足跡が・・・猪?


DSC07483_convert_20130811104542.jpg


再び山の中へ


DSC07485_convert_20130811104727.jpg


辺りは地割れが起きている
かなり荒れ果てている・・・




多分ここ半田には魔物が棲んでいる・・・





DSC07487_convert_20130811105035.jpg



その・・・




DSC07488_convert_20130811104904.jpg



甲子園的なヤツがwww


DSC06849_convert_20130808061226.jpg


冗談はそのぐらいにして山の中でコンクリートの土台を見つけた


DSC06850_convert_20130808061332.jpg


ボルトも残っていた


DSC06851_convert_20130808061407.jpg


これは一体なんだろう?


DSC06867_convert_20130810062747.jpg


今度は違う場所へ突入する・・・



つづく









おまけ
DSC06864_convert_20130810062657.jpg
周辺で見つけた兵器w
半田恐るべしw









そろそろ津市の地下軍需工場の続きをいきます


過去のレポはカテゴリーの津市地下軍需工場と美女の里を参照して下さい


では早速・・・
・・・の前に情報のまとめということで




まずここ三重県津市は磨き砂の産地でその坑道を利用して地下工場が造られた

  津海軍工廠疎開地下工場
  三菱第三発動機久居地下軍需工場
  愛知航空機津地下軍需工場
  住友プロペラ半田地下軍需工場

以上の四つの地下軍需工場が造られた
坑道の工事を請け負ったのは佐藤工業
ちなみに浅川の地下壕あたりの工事も佐藤工業が請け負っている


EPSON002_convert_20130304010608.jpg


この見取り図は以前にも載せたがこの久居の工場の見取り図の方にはhigher floorと書かれている
地下一階部分と地下二階部分が同時に載っているので少し分かりづらい

それで色がつけられている部分があるがその内容が右下に四つ記されている

内容は上から

工作機械
発電設備
通路or水路
上の階(ここは地すべりを起こしていて非常に危険)

となっている(英語を和訳しただけなので間違っている可能性あり)


続いて地下壕の特徴を・・・


まず久居の方は
レールとケーブルカーが設けられていたとのこと


で、これが当時の写真
EPSON0043_convert_20130804224743.jpg

EPSON0053_convert_20130804224924.jpg

EPSON0072_convert_20130804225010.jpg


一枚目と二枚目を見ると地上に軌道が敷かれていてそらはそのまま壕口の中へ向かっているように見える
自分は一枚目の写真と地形に合うような場所を探したがそれらしい場所は見つからなかった
ここかもと思ったところは検討違いだったかもしれない

で、二枚目の写真だがこれを見ると壕口は山肌ではなく盛り土をしたところに造られたように見える

三枚目はちょっと分からない
付近にこんな場所あったかな?


米軍の調査によればここは出入り口から約12mの深さの作業場に降りられるようになっていたとのこと
機械の台座にコンクリートが打たれていたが他には舗装はしていなかったとのこと


他の情報は以前の記事を参照ということで

あとは内部の写真を


EPSON0041_convert_20130804224346.jpg

EPSON0042_convert_20130804224614.jpg

EPSON0044_convert_20130804224812.jpg

EPSON0071_convert_20130804224948.jpg



う~ん・・・見づらいw
だが久居の見取り図にはpassageとあるがこれは通路と取るよりも三枚目の水路と見るべきか?
写真を見る限りではかなり狭い場所で作業を行なっていたように思える




続いて半田工場の方です



この工場は久居の工場と隣接していたとある
これはどういう意味だろうか?
同じ山の中に造られたのかそれとも山が隣り合っていたのか?

EPSON0052_convert_20130804224901.jpg


それでここが半田壕口
普通の壕口と違って四角い穴がぽっかりと開いているように見える
そして建物に囲まれている?


EPSON0051_convert_20130804224839.jpg

EPSON0081_convert_20130804225027.jpg

EPSON0082_convert_20130804225047.jpg


で半田内部だが・・・こちらも写真が分かりづらいw
だが一枚目の写真に載っているように支柱が多数施されていたようだ

こちらは軌道は造られておらず機械は人力で搬入したとある
おそらくコロとか使って搬入したのだろう


あとついでに
ここ半田は湿地帯が広がっていたため農業に向いていなかった
そこで昭和51年~54年にかけて農地改革として道路整備、用排水路の整備、橋の建設等を行なったみたいです
その碑文が現地に建てられていた

DSC06726_convert_20130805010613.jpg


一番最初に入った坑道だがB2部分で壁を見ると水の跡がついていたが
農地改革した以前の水位だったのだろうか?
これによってここら一帯の水位が下がって安定したのだろうか?




ということで情報は以上ってことで・・・


まず以前コメントで旧磨洞温泉(現磨洞温泉は当時の別館)がその可能性が高いという情報をもらったので旧磨洞温泉壕を探すことにしたのだった





旧磨洞温泉壕探しへつづく





前回からの続きです~



前回のレポ→ハニベ巌窟院 vol.2 思ってたよりもカオスな場所じゃね?編




洞窟内で見つけた地獄門


門番には・・・


DSC08321_convert_20130727113332.jpg


DSC08322_convert_20130728210200.jpg


馬頭と・・・


DSC08323_convert_20130728205516.jpg

DSC08324_convert_20130728210305.jpg



牛頭・・・

若干馬に比べ牛のほうはヤッツケな・・・w?



地獄門を抜けると・・・


DSC08326_convert_20130728220918.jpg


なんか鬼が車輪みたいの押してる・・・(´・ω・`)

その下には・・・


DSC08327_convert_20130728221020.jpg


事件現場ですな・・・



さらに進むと・・・


DSC08328_convert_20130728221203.jpg


老婆がいた

ん?どこ見てんだ(´・ω・`)?

老婆の視線の先・・・


それは・・・


DSC08331_convert_20130728221332.jpg


希望の光か(`・ω・´)!?




更に進む


DSC08333_convert_20130728221918.jpg


宴会してる(´・ω・`)


DSC08334_convert_20130728222048.jpg


つまみ


DSC08335_convert_20130728223200.jpg


メニュー


面皮の青づけってw


DSC08340_convert_20130728224819.jpg


この人?が料理したのか?



こっから罪コース


DSC08337_convert_20130728223514.jpg


(;´∀`)…うわぁ…


DSC08338_convert_20130728224654.jpg


食べ物を粗末にする罪


DSC08342_convert_20130728225447.jpg


なにこれ(´・ω・`)?


DSC08343_convert_20130728230134.jpg


三すくみだって~

・・・ってあれ(´・ω・`)?

ナメクジいない・・・?


と思って裏の方へ行ったら・・・






DSC08344_convert_20130728230524.jpg


ちょっwww


DSC08345_convert_20130728230716.jpg


シュールすぎるwww



DSC08346_convert_20130728230831.jpg
DSC08347_convert_20130728230957.jpg


たぶらかし


DSC08348_convert_20130728231245.jpg


へび地獄


DSC08350_convert_20130728231358.jpg


髑髏の山


DSC08354_convert_20130728231654.jpg


これは裏や・・・じゃなかったw
イヤデスネ・・・(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン


DSC08358_convert_20130728232122.jpg
DSC08359_convert_20130728232246.jpg


極刑か?


DSC08360_convert_20130729000459.jpg


カラフルなお地蔵さん


DSC08361_convert_20130729000903.jpg


小太り


DSC08363_convert_20130729232243.jpg


閻魔大王


DSC08367_convert_20130729061959.jpg

DSC08373_convert_20130729062550.jpg


縁結びだって(・∀・)

全てのものが揃ってるなここw



DSC08374_convert_20130729062644.jpg


洞窟はここで終了
ということで外へ


DSC08376_convert_20130731054737.jpg


なんか広場の方へ


DSC08377_convert_20130731062100.jpg


寝仏


DSC08379_convert_20130731062235.jpg


枕付き


DSC08385_convert_20130731062633.jpg



という感じでハニベ巌窟院終了

けっこうディープなトコでした



ということで駅へ戻る




おまけ
小松駅前にあったでかい重機
DSC08481_convert_20130803104629.jpg
DSC08482_convert_20130803104748.jpg
DSC08483_convert_20130803105305.jpg
DSC08484_convert_20130803105610.jpg

カッコイイ(・∀・)!!





石川編これにて終了



プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。