GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います




前回の続き!

DSC09629.jpg

まだ先があるようなんで行ってみる
空気が流れて来てるからどこか外に繋がっているようだ


DSC09630.jpg

多少坂になっているがこれまでのところに比べると全然マシ


DSC09632.jpg

天井の低いところもある


DSC09633.jpg

先には崩落してる箇所がある
二手に分かれているのでまずは空気の流れてる方へ行ってみる


DSC09636.jpg

例のごとく上部は抜けられる


DSC09638.jpg

抜けると外が見える



DSC09642.jpg

塊が落ちてる


DSC09645.jpg

片側の側面だけなぜか綺麗に整っている
砲室だろうか?


DSC09640.jpg

外から壕口を確認する


DSC09641.jpg


外を見ると横間海岸が見える
どうやら大坂隧道の上部あたりに出たようだ


DSC09646.jpg

更に先に向かう
ここらは綺麗に整地されている


DSC09647.jpg

また外が見えてきた


DSC09648.jpg

夏の虫けらのように光に誘われるように向かう


DSC09650.jpg

壕口付近は足場がしっかりしている


DSC09652.jpg

外側から


DSC09653.jpg

瓦礫のある所に戻りもう一方に行ってみる


DSC09655.jpg

アップダウンを繰り返してた気がする


DSC09656.jpg

しんどい


DSC09657.jpg

ここどこだっけ?
記憶無くなってきた


DSC09658.jpg

なんか下ってった記憶は微かにある


DSC09660.jpg

と思ったら上部になんか穴が開いてる?


DSC09662.jpg

ここを抜けるのだがこの穴なんとスイッチバックしていた
もはや笑うしかないよね(゚д゚)!?
ココを掘った人は何を考えてこのような構造にしたんだろう?


DSC09669.jpg

米軍との交戦に備えてだろうか?
それとも自分の持ち合わせている感性を地下陣地という表現方法で芸術性を発揮したのだろうか?
それとも後世の探索者への嫌がらせだろうか?
何と言うか攻める気持ちが強すぎるよね?


DSC09664.jpg

「ここでスイッチバックするとびっくりするだろなー」とか「谷間を登らせてやろー」とか
「ふいに生活感だしてやろー」とか・・・?


DSC09666.jpg

ってかまど発見!

ふざけてる場合じゃない!


DSC09667.jpg

存在は知ってたけど実際みると感激もひとしお
ただ何故か全体の写真が無かった・・・orz


DSC09672.jpg

付近には小さな穴も開いていた


DSC09673.jpg

下部には部屋があった
ただし写真はない


DSC09675.jpg

もう少し付近をプラプラしてると・・・


DSC09677.jpg

水槽もある


DSC09679.jpg

とりあえず回れそうなところは回ったから撤退する
たぶん見逃しはあるんだろうけどね
そんなことより・・・?


DSC09684.jpg

またここを抜けるのか┐(´д`)┌



DSC09933.jpg

ということで直射砲台再訪を無事終えて、第二次八丈島探索の旅はこれにて終了


DSC00018.jpg

さよなら八丈島
また会おう!




DSC09802.jpg

追伸
この時健在だった植物公園の鶴さんはその後お亡くなりになっていた
ご冥福をお祈りいたします




スポンサーサイト

八丈島再訪編オーラス!
約2年ぶりの再開ってことで自分でも覚えちゃいないがw
忘れかけた記憶を拾い集めてちりばめていってみる

ということで再訪編ラストは直射砲台壕再訪!
初回潜入時には谷間部分は乗り越えたがその先に壁があって無理かなーって思ったんだけど
今回はそこに再チャレンジ!
いつでもどこでもチャレンジスピリット!チャレンジジョイ!こどもチャレンジ!


アホなこと言ってないで一応前回のレポ貼っておきます
前回レポ 八丈島 直射砲台壕
前々回レポ 八丈島 直射砲台 

あと前もって言っておきますがここは八丈島の地下壕でも最も危険なため内部に入ることはお勧めしません


DSC09552.jpg

ということでレポ再開するが相変わらず素晴らしい景色だねここは
八丈小島が映える
あそこも行ってみたいなー


DSC09556.jpg

ということで大坂隧道前にある直射砲台壕にやって来たよ!


DSC09557.jpg

外観に特に変化なし


DSC09558.jpg

ブレブレだけど砲床も変化なし


DSC09563.jpg

準備をして早速内部に侵入していく


DSC09566_20180613232824a11.jpg

谷間部分に突入
写真ブレちゃったけど登ってる最中に撮ってみた・・・ハズ
・・・う~ん、イマイチ危険さが伝わらないけど結構怖いのよ?ココ
嵌ると抜けられないかもしれないからね


DSC09569_20180613233648fd4.jpg

ある程度行くと谷間部分が浅くなってくる
ここまで来ると一先ずホッと出来る


DSC09567.jpg

谷間部分を乗り越える
さすがに二度目は結構サクッと行けた
経験って大事だね!
とはいえ危険な箇所であることは違いない(良い子は真似しないように!)


DSC09570_20180613234448c72.jpg

ということで前回断念した壁部分に到達した


DSC09571_201806132344501ed.jpg

そしてチャレンジ成功!
為せば成るもんだ


DSC09577.jpg

さて、こっからは自分には未知なる領域
ムネワクな展開


DSC09582.jpg

なんというかこの壕は横に伸びるんじゃなく縦に伸びてる
普通の?地下壕って横に伸びてるから動きやすいけど
地下水が削ったのもあるんだろうけど凄く煩雑に造られてる壕だ
いや、神止山の司令部壕もそうだったけど、ここもかなり個性が強い
個性が前面に出てる


それにしても・・・


DSC09584.jpg

試練の地下壕っていったところかな?
だってさ・・・


DSC09596.jpg

こんなことになってるなんて思わないじゃない?
段差3mぐらい?(←体感)


DSC09600.jpg

誰が造ったのよ?ココ(;´Д`)


DSC09604.jpg

無い知恵絞って何とか乗り越える
ってなんか明かりが見える!


DSC09606.jpg

その前に横に通路があるんで行ってみる


DSC09608.jpg

曲がってみると・・・?


DSC09610.jpg

生息部?
行き止まりなんで元の通路に戻り明かりの方へ


DSC09614.jpg

粗大ごみを乗り越えると・・・?


DSC09616.jpg

・・・?なんか鉄板が破られてる?


DSC09618.jpg

どうやらどこかに繋がっているようだ
自然に鉄板が剥がれたのか、誰かが破壊したのかわからないけど
触ってみたらポロポロ鉄板が剥がれるぐらい風化していた

ただ2、3年前の情報なんで今どうなっているかは知らない
とはいえこの壕は危険なため開いてても入らないように!


DSC09624.jpg

振り返ってみる


DSC09629.jpg

ということでも少し進んでみる




次回に続く



プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login