GO EXPLORING 廃墟

GO EXPLORING 廃墟

主に産業遺産や戦争遺跡の他、B級スポットなど巡ってます 気まぐれで更新して行きたいと思います


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





久々にレポの更新ですw

もう前回どこまで書いたかすら忘れてましたわ(^^;
ってえらい中途半端な感じで止まってたのね~w

何かと忙しい日々が続いている今日この頃
ま、隙を見て更新していきたいと思ってはおりますw


ということで前回の続きですw



DSC09444_convert_20150927224000.jpg


・・・ってなんだったっけ?
前回のところからちとバックして別の分岐へ向かってみた


DSC09439_convert_20150927223543.jpg


すると何やら生活感の漂う小部屋が!


DSC09440_convert_20150927223754.jpg


手作り感満載のハンガー
誰か住み着いていたのだろうか?
ここは何LDKになるんでしょう?


DSC09438_convert_20150927222620.jpg


小部屋を通り過ぎていくと・・・


DSC09452_convert_20150927224706.jpg



何やらゴツゴツした坑道に出てきた(←何度か頭をぶつけた)



DSC09454_convert_20150927224903.jpg


こんだけ出っ張ってれば頭のひとつやふたつぶつけるよね!
そんな地下壕あるあるを心の中で思ってみたりする今日この頃・・・
なんてノスタルジックな夜でしょう!


DSC09455_convert_20150927225057.jpg


なんか出口が見えてきた


DSC09459_convert_20150927225914.jpg


開口部があるがまだ出るわけにはいかないので中に戻る


DSC09462_convert_20150927231119.jpg


ゴツゴツした地下壕を進んでいく


DSC09464_convert_20150927232830.jpg


首が残念なことになっている・・・
一体なんの暗示だろうか・・・


DSC09465_convert_20150927233821.jpg


バケツもあるでよ


DSC09468_convert_20150927234236.jpg


また開口部を見つけた


DSC09471_convert_20150927234628.jpg


また中に戻り進んでいくと小部屋が・・・
棲息部だろうか?


DSC09473_convert_20150927235614.jpg


さあサクサクいくよ!
でも意外と居場所の分からなくなる壕ですなー
8の字の壕っていうのは事前に分かってはいたけど・・・
段々と自分を見失ってくる(←色々な意味で)


DSC09477_convert_20150928000016.jpg


バカなこと言ってる間に埋まってる壕口を発見!


DSC09478_convert_20150928000319.jpg


と思ったら開いてるじゃないですか!


DSC09479_convert_20151025042655.jpg


まだ壕から出るには早い
更に内部をふらついてると・・・


DSC09480_convert_20151025042856.jpg


銃眼発見!!


DSC09481_convert_20151025043157.jpg


かなり重厚な造りだ
しかしこの壕はホントに銃眼が多い
しかもそのどれもが重厚な造りときている


DSC09483_convert_20151025043614.jpg


米軍上陸予測地点から近いってのもあるんだろうね
八重根漁港のすぐ蕎麦出汁

ということで今度は斜坑を見つけた!
登っていってみると・・・


DSC09487_convert_20151025043757.jpg


上部には小部屋がありまたしても銃眼発見!!


DSC09488_convert_20151025043940.jpg


銃眼内部は埋まってる
うっすらと黄色いペイントも残っている


DSC09489_convert_20151025044337.jpg


壁には幸福の黄色いハンカチ
果たして二人は幸せになったのだろうか?


DSC09490_convert_20151025044504.jpg


斜坑を戻って更に進む


DSC09492_convert_20151025044733.jpg


こんだけ石が多いと掘るのが大変だったんじゃなかろうか?


DSC09496_convert_20151025045623.jpg


奥になんか見えてきた!


DSC09499_convert_20151025050129.jpg


またしてもコンクリート銃眼!
上の方が崩れ落ちているけどね


DSC09501_convert_20151025051057.jpg


さあ、どんどん行くよ!


DSC09505_convert_20151025051530.jpg


小部屋発見!
棲息部だろうか?



DSC09517_convert_20151025053600.jpg


ゴツゴツした所を進んでいく


DSC09513_convert_20151025053314.jpg


奥の方に何か見えてきた


DSC09508_convert_20151025052223.jpg


またしても銃眼発見!!


DSC09509_convert_20151025052419.jpg


一体何個あるんだ?
やっぱりこの場所はかなり重要な陣地だった証拠でもあると言えるけどね


DSC09507_convert_20151025051814.jpg


銃眼を後にし更に徘徊はつづく


DSC09517_convert_20151025053600_201601112011421c8.jpg


ここの壕は石が多い
取り出せなかったのだろうか?


DSC09522_convert_20151025061101.jpg


民家裏に通じる壕口があった
出るわけにはいかないので引き返しまだ行ってない所へ行ってみる


DSC09523_convert_20151025061324.jpg


適当に徘徊していると・・・?


DSC09528_convert_20151025062214.jpg


なんか出てきた!!


DSC09530_convert_20151025062554.jpg


かなりしっかりしたコンクリートの機関銃座が残っているヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ!


DSC09533_convert_20151025063239.jpg


家の玄関に置いておきたい・・・


DSC09531_convert_20151025062842.jpg


銃眼は埋まっていた
ということでこれにて若林坂上隊地下陣地終了!!
外に出る


DSC09390_convert_20151025064808.jpg


外に出て上の方の社に行ってみたが特に何も無かった


DSC09693_convert_20160111202630.jpg


という事で八丈島再訪編は次回の探索にて完結する


つづく



動画
八丈島再訪 若林坂上隊陣地壕 其ノ二
[広告] VPS



八丈島再訪 若林坂上隊陣地壕 其ノ三
[広告] VPS




八丈島再訪 若林坂上隊陣地壕 其ノ四
[広告] VPS

スポンサーサイト


久々・・・って言うか約一ヶ月ぶりの更新w
今夏は旅には出たものの体調悪い中、ちょっと無理したら脱水症状になるというw
それでいてたいした成果もないという散々な夏になりましたw
体調悪い時は無理するもんじゃないですね!


・・・ってどうでもいい話は置いといて
八丈島の続きです!


DSC098371_convert_20150907004521.jpg


地図によれば八重根漁港付近に陣地壕があるという
どうやら若林部隊坂上隊(第三中隊)のものらしい


DSC09359_convert_20150822121543.jpg


ということで探しに海岸へやって来た


DSC09361_convert_20150823104150.jpg


穏やかな波音が・・・とても心地よい



DSC09364_convert_20150823103711.jpg


たおやかな波に心が洗われるわ


DSC09365_convert_20150822122917.jpg


道中なんか見つけた
メットウ井戸と言うらしい
「メットウ」とは八丈島の方言で「ギンタカハマ」という巻貝のことらしい
螺旋状に道が造られているから「メットウ井戸」と呼ばれたらしい
って案内板に書いてあった


DSC09371_convert_20150823181342.jpg


降りてみたが・・・いたって普通の井戸だった
ということでとっとと目的地へ向かう


DSC09372_convert_20150823183839.jpg


メットウ井戸を後にして八重根漁港へ向かうと洗い場があった
夏場にはシャワーも浴びれそうだ


DSC09373_convert_20150823184149.jpg


その向かいを見るとなんかあった


DSC09374_convert_20150823185634.jpg


旧軍のモノかどうかは分からないが・・・


DSC09375_convert_20150823185757.jpg


窓の部分だけコンクリートが使用されている


DSC09381_convert_20150823190808.jpg


更に進んでいくと何やら古そうな・・・アンティークな車が停車してあった
なかなか風情がある


DSC09382_convert_20150823204809.jpg


更にその奥には怪しげなコンクリート建家がある


DSC09387_convert_20150823205230.jpg


という事でなんとか神社までやって来た


DSC09393_convert_20150823205659.jpg


辺りをふらついていると・・・


DSC09395_convert_20150823205912.jpg


壕口発見!!
ここが若林坂上隊の陣地だろうか?


DSC09396_convert_20150823210104.jpg


開口部は大きいが若干崩れかかっていたが内部はしっかりしていそうだ


DSC09398_convert_20150823210437.jpg


内部に入って振り返り


DSC09401_convert_20150823210902.jpg


この地下壕の特徴と言えば八の字に掘削されていることかな?
適当に廻っていると気づけば元の場所へ戻っている(途中天井の低い場所もあるけど)


DSC09404_convert_20150823211134.jpg


とりあえず真っ直ぐ進んでみる


DSC09406_convert_20150823211420.jpg


入口付近の小部屋
倉庫だろうか?


DSC09407_convert_20150823211927.jpg


少し進むとコンクリートの入口が!


DSC09433_convert_20150907000935.jpg


早速近づいてみるとかなりしっかりしたコンクリート砲室だ


DSC09435_convert_20150907003152.jpg


当時の木枠もしっかりと残っている


DSC09426_convert_20150901001054.jpg


中央にある銃眼は残念ながら埋まっていた


DSC09428_convert_20150906225253.jpg


両脇に何やら置き場のようなものが造られている


DSC09429_convert_20150906235423.jpg


もう一方には何か飾られている


DSC09430_convert_20150906235853.jpg


横浜サッカークラブと書いてある
ANAって書いてあるからフリューゲルスの前身のチームかな?
86年メキシコワールドカップか・・・マラドーナの全盛期ですな
まさか後に整形してゲイっぽくなるだなんて誰が予想できただろうw


DSC09408_convert_20150823212307.jpg


コンクリート砲室を出て先へ行くとまたしてもコンクリートの入口を発見!!


DSC09418_convert_20150823235443.jpg


少し屈みながら中へ入る


DSC09420_convert_20150823235856.jpg


こちらも良好な状態で木枠が残っている


DSC09422_convert_20150824003927.jpg


内部では万能ネギが直立で待機していた


DSC09421_convert_20150824003637.jpg


こちらも中央には銃眼が設けられている
やはりコンクリート砲室だったか


DSC09423_convert_20150901000903.jpg


中を覗いてみると埋まってはいるものの
連合軍に接収された時に黄色にペイントされた跡が残っている

二連の砲室を後にし先へ進む


DSC09438_convert_20150907003829.jpg


長くなるのでこのへんまでにしとく
ということでつづく~






おまけ動画
[広告] VPS


















プロフィール

yuuki

Author:yuuki
愛知県在住の会社員です
産業遺産や戦争遺産などがメインです
普通免許を持っていないため移動は基本的に
公共交通機関と徒歩です
写真は素人なので期待しないでくださいw

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。